電子レンジカスタードで作るチョコレートエクレア

所要時間:60分

カテゴリー:スイーツエクレア

 

電子レンジカスタードで作るチョコレートエクレア

シュークリームの「電子レンジカスタード」をアレンジした、簡単なチョコレートエクレアです。今回は、意外にもすべてコンビニエンスストアで売っている材料で作れるレシピにしてみました。思い立った時に、身近な材料で、こんなに本格的なお菓子が簡単に作れますので、どんどんお菓子作りに挑戦してみてくださいね。

簡単チョコレートエクレアの材料(8個分

シュー生地
薄力粉 50g
無塩バター 30g
グラニュー糖 小さじ1
1個半
牛乳 80ml
ひとつまみ
チョコレートカスタード
薄力粉 大さじ2
グラニュー糖 30g
卵黄 2個分
牛乳 180ml
チョコレート 50g
デコレーション
チョコレート 40g

簡単チョコレートエクレアの作り方・手順

シュー生地を作る

1:牛乳・バターを沸騰させ、薄力粉と混ぜる

牛乳・バターを沸騰させ、薄力粉と混ぜる
薄力粉はあらかじめふるっておきます。鍋に牛乳、塩、グラニュー糖、バターを入れ、沸騰してバターが溶けたら、薄力粉を加えます。ゴムべらで手早く混ぜ、全体が混ざったら火から下ろします。

2:卵を混ぜる

卵を混ぜる
溶きほぐした卵を少しずつ加え、ゴムべらでよく混ぜます。初めはつるつるして混ざりにくいのですが、勢いよく混ぜている間に一体になってきます。ゴムべらですくいあげて、ひと呼吸置いてからゆっくりと落ちるくらいの固さになったら、卵を混ぜるのをやめます。

3:シュー生地を絞り出して焼く

シュー生地を絞り出して焼く
オーブンを200℃に予熱しておきます。生地を1cmの口金を付けた絞り出し袋にいれ、オーブンペーパーを敷いた天板の上に、約12cmの長さに8本絞り出します。200℃のオーブンで約20分焼きます。焼き終わった後、そのままオーブンの中に5分ほど置いて、空焼きします。

チョコレートカスタードを作る

4:薄力粉、グラニュー糖、少量の牛乳を混ぜてから、卵黄を混ぜる

薄力粉、グラニュー糖、少量の牛乳を混ぜてから、卵黄を混ぜる
耐熱性の容器に薄力粉、グラニュー糖を入れ、泡立て器で混ぜておきます。分量の牛乳から大さじ2を取り、よく混ぜてペースト状にします。こうしておくと薄力粉がだまになりません。全体がよく混ざったら、卵黄を加え、よく混ぜます。

5:牛乳を加えて混ぜ、電子レンジにかける

牛乳を加えて混ぜ、電子レンジにかける
残りの牛乳を加えて全体をよく混ぜ、500wの電子レンジに約4分かけます。途中、2回ほど取りだして、よく混ぜることで、滑らかなカスタードクリームになります。

6:カスタードにチョコレートを加え混ぜる

カスタードにチョコレートを加え混ぜる
粗く刻んでおいたチョコレートを熱い状態のカスタードに加えてよく混ぜます。

7:ラップを貼り付けて、手早く冷ます

ラップを貼り付けて、手早く冷ます
早く冷めるように底の浅い容器に入れ、表面にラップを貼り付けて、冷蔵庫に入れ、急速に冷まします。

組み立てる

8:シューにカスタードクリームを詰める

シューにカスタードクリームを詰める
シュー生地の裏側に、ぺティナイフで、2~3個所穴を開けます。チョコレートカスタードクリームを、1cmの丸口金を付けた絞り出し袋に入れ、シュー生地の中に詰めます。ゆっくり絞り出すのがうまくいくコツです。

9:チョコレートでデコレーションする

チョコレートでデコレーションする
粗く刻んだ飾り用のチョコレートを500wの電子レンジに約1分かけ、溶かします。クリームを詰めたシュー生地の表面に塗ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

シュー生地に使うバターが有塩バターの場合は、シュー生地に入れる塩は除いてください。今回はあえて普通の板チョコで作ってみました。製菓用のクーベルチュールチョコレートを使うと、カカオの香り高いシックな味わいのエクレアになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。