ビタミンゼリー系ダイエット食品 Q&A

ビタミンゼリー系ダイエット食品の基本的な疑問にお答えします。

Q. ダイエットシェイクとどう使い分けたらいいの?

ダイエットシェイク

しっかり運動派はダイエットシェイクで。

A. ダイエット中の運動プランによって使い分けるのがおすすめです。
ダイエットに欠かせないのが栄養摂取と運動。ビタミン類を補うという意味では、ダイエットシェイクとビタミンゼリー系ダイエット食品に大きな差はありません(ミネラルの種類や量は、製品によって差があります)。でも、含まれているプロテイン(タンパク質)の量には差があります。この差が、使い分けのポイントになるのです。

ダイエットシェイクは、筋肉のもととなるプロテインが豊富なので、運動で刺激を受けた筋肉をしっかり修復&補強することができます。一方、ビタミンゼリー系ダイエット食品はタンパク質量が少ないので、ビタミンゼリー系ダイエット食品で置き換えダイエットをしつつ、食事で良質なタンパク質を十分とれていない状態でハードな運動をすると、脂肪だけでなく筋肉まで減ってしまうのです。つまり、リバウンドの原因になってしまいます。
ですから使い分けとしては、しっかり運動をして早く結果を出したい人はダイエットシェイク、軽い運動しかできないけどゆっくりダイエットでOKという人はビタミンゼリー系ダイエット食品という使い分けがおすすめです。

Q. リバウンドはしないの?

A.
 使い方を間違えると、リバウンドの可能性もあります。
ビタミンゼリー系ダイエット食品に含まれているビタミンの量は、決して多いものではありません。多くの製品は、「1日に少なくとも必要なビタミン量の1/3」に調整されています。つまり、他の食事の栄養バランスが極端に悪いと、ビタミンゼリーを摂っても、栄養バランスを整えることはできないのです。
また、食事を改善しないままハードすぎる運動プランを実行すると、筋肉を維持するためのプロテインが不足してしまい、筋肉量が減ってしまう心配もあります。栄養バランスが悪くなって代謝が落ちたり、筋肉量が減ってしまうと、「燃えにくいカラダ=リバウンド体質」を作ってしまいます。
リバウンド予防のポイントは、「利用中に食習慣を改善する」こと。そして、しっかり運動をするダイエットプランを考えている場合は、プロテイン不足にならないよう注意しておくことです。

Q. ゼロカロリーゼリーやヨーグルトで代用してもいいの?

A.
 残念ですが、ビタミンゼリー系ダイエット食品と同じ効果は期待できません。
カロリーを抑えたゼリーやヨーグルトも、見た目が似ているので同じような効果がありそうな%(0.2ct%%KISHUIZON_NYORでも、そういった製品ではダイエットの時に不足してしまいがちなビタミン類をバランスよく補うことはできないのです。
もちろん、ゼロカロリーゼリーは、おやつとして利用することでカロリーをカットできます。また、ヨーグルトは、筋肉のもととなるタンパク質(プロテイン)や、おなかの調子を整えてくれる乳酸菌をとれるという良い点もあります。
見た目は似ているけど中身が違うので、ビタミンゼリー系ダイエット食品と同じ効果は期待しないでください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。