一人暮らしでは、今まで家族と一緒に暮らしていたときと比べて、お金の使い道が大きく変わります。初めての一人暮らしでは、「お金の動きがよくわからないので、不安……」と感じることも。学生・社会人に分け、一人暮らしの1ヶ月間の家計簿をご紹介します。

一人暮らしはどんなお金がかかる?

エアコン
固定費と変動費に分けて、毎月どのくらいのお金がかかりそうか計算してみましょう。家計簿をつけてみるのがおすすめ
一人暮らしをすると、どんなお金がいくらかかるのでしょうか。最初にざっくりと考えておきたいのが、家計には固定費と変動費があるということです。

家賃や水道光熱費、定額のインターネットの接続料など、毎月ほぼ金額が変わらずに出て行くお金を固定費、そして食費や交際費、医療費、携帯電話代など、その月ごとで金額が変わるお金を変動費として考えます。水道光熱費はどのくらい使うかで変動がありますが、昼間職場や学校で過ごす時間が長い一人暮らしの場合、季節や節約でも、それほど大きな差が出てきませんので、ここでは固定費に含むこととします。

収入から固定費を引いた額の中でやりくりするのが変動費。生活が落ち着くまでは難しいかもしれませんが、その中から決まった額を貯金に回すことができれば安心です。その上でどれくらい自由になるお金があるのか、自分でも実際に計算してみましょう。おそらく、多くの人はその少なさにビックリするのでは!? 一度自分で目にしておくことで、お金に対する意識がかなり変わるはずです。