寄せ植え
一鉢に様々な植物を植え込む寄せ植え
一鉢の中に様々な草花や低木などを組み合わせて植え込む寄せ植えは、省スペースで楽しむことができ、初心者でもトライしやすいガーデニングとして人気があります。その一方、植物の組み合わせやカラーリング、生育後を見込んだバランスの取り方など、知れば知るほど奥の深い魅力も持っています。 ここでは、寄せ植えの基本的な植え方について学んでいきましょう。

寄せ植え材料を揃える

鉢
置く場所に合わせて鉢選びを
寄せ植えに必要なものとして鉢、培養土、鉢底石、必要に応じて鉢底ネット、そして植物を準備します。作業に必要な道具としてはシャベルとハサミ、汚れを防止するガーデニングシートなどがあれば良いでしょう。シャベルは、土入れ用のものと寄せ植え用の細身のものがあると便利です。

■鉢
鉢は素材・形とも様々で最終的には個々人の好みになりますが、扱い易さで選ぶならプラスチック製やポリカーボネイト製のものを、自然素材ならテラコッタや木製の鉢から選ぶと良いでしょう。

形は丸型の鉢は四方見(どこから見ても花が見える)、長方形は背後に壁があることを前提にした一方見(一箇所から花を見る)ということになりやすいので、置き場所に応じて形も吟味します。 鉢の大きさは置き場所にもよりますが、10号程度が扱い易いでしょう。

ビオラ
春ならパンジー、ビオラなど、旬のものを
■植物
寄せ植えに使用する草花は旬のもの、つまりその時期にたくさん店頭に並んでいるものから選びます。低木や宿根の葉物などは翌シーズンも使えますが、一年草は時期を逃すと観賞できる期間が短くなってしまうからです。

植物の株数は鉢の大きさにあわせますが、種類をあまり多くしてしまうとゴチャゴチャした印象になってしまいます。カラーリングとしては、同系色の花2種に白い花をプラスすると上品な感じに仕上がります。 春を例にとると、パンジー、ビオラ、アリッサム、ノースポール、デージーなどが豊富に店頭に並び、安価で入手できますよね。 花苗のほかに、葉物としてアイビーやツルニチニチソウ、シロタエギクやシルバーレース、コニファーの幼木などもよく用いられる素材です。

なお植物は少しずつ生長していくので、通常は株間をとって植えますが、植え込み後すぐに観賞できる状態にしたい場合は、株数を多くして密植気味に植えるという手もあります。

寄せ植えの手順

アイビー
アイビーは寄せ植えにも使い勝手のよい植物
1.鉢に底石と培養土を入れる
鉢には必要に応じて鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れます。その上に、培養土を入れておきます。 培養土は、市販の「コンテナ用」が手軽で便利ですが、赤玉土+腐葉土にバーミキュライトやパーライトを加えて自分でブレンドしてもOKです。その場合は元肥として、マグァンプを混ぜ込んでおきましょう。

イメージ
レイアウトイメージ
2.植物のレイアウトを決める
準備した植物は、ポットから抜く前にレイアウトを決めます。ポットから苗を抜いてから、ああでもないこうでもないと出し入れすると、根が痛んでしまうからです。

背の高い植物を後方(四方から見る場合は中央)に、手前にくるにつれ草丈が低くて面を埋めるような植物を、そして最前面には垂れ下がるような植物とレイアウトしていくと安定します。

レイアウトを考える際は、培養土を入れた鉢にポットごと置き、少し離れて四方から配置の確認をするとわかりやすいでしょう。 レイアウトがしっかり固まってから、植え込み作業に入ります。なお、この時に植え込み後の土の高さを考慮し、培養土の量も調整しておきます。

3.植物を植え込む
ポットから苗を取り出し、順に植え込んでいきます。この時、新しい培養土に根が馴染む程度に軽く根鉢を崩して植え付けます。ただし、花が咲いている株は根が痛むことで消耗しやすいので、崩しすぎないように注意しましょう。

植え込みの際に他の株より低くなってしまうものは底に培養土を足して、仕上がりの土の表面がデコボコしないように調節します。また株と株の間に隙間ができないよう、細身のシャベルや菜箸を使って土を入れ、植物の根と土がしっかりつくようにします。
最後に、花に水がかからないように注意して、しっかり水やりをすれば完成です。

4.その後の管理
鉢土が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水やりをします。花がらはコマメに摘み取り、週に1回程度の割合で液肥を与えます。 一年草は花期が長いので、管理を怠らなければ次から次へと花をつけてくれます(ただし、花殻を摘まずに種をつけてしまうと「子孫を残す」という本来の役目を終えたと感じて、一生を閉じてしまうことも……)。

花の種類・カラーなどを工夫して、オリジナルな一鉢を作ってみましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。