野菜づくりを成功させるには、「いかに良い種や苗を手に入れるか」という、最初の段階がもっとも重要です。

種からはじめるか? 苗からはじめるか?

トウガラシ
苗からはじめる品種のひとつ、トウガラシ
まず、多くの方が悩むのは、「種からはじめた方が良いのか?」「苗からはじめた方が良いのか?」ということではないでしょうか?

初心者の方でしたら、基本的に苗を手に入れてその苗を植え付けるところからはじめると、失敗が少なくて済みます。これは、野菜に限らず、どんな植物にも共通することですが、種をまいてから苗の状態に育つまでの期間は、水や温度などに微妙な条件が要求され、一番デリケートで難しい期間だからです。農業では、「苗半作」といって、苗作りが成功したら野菜づくりは半分成功したようなものだという意味の言葉があるほどです。

ただ、移植の際に根が傷みやすいものや、苗に育つまでにほとんど手間がかからないものもあり、それらのものは種から育てはじめます。種からはじめる代表的な品種は、ダイコン・ニンジン・ホウレンソウ・コマツナ・カブ・ハクサイ・トウモロコシ・エダマメなど。一方、苗からはじめるものには、トマト・ナス・キュウリ・ピーマン・トウガラシ・イチゴなどがあります。

最近、家庭菜園への関心の高まりとともに、従来は、種からはじめるのが常識だったハクサイやトウモロコシなども、苗で売られるようになってきています。これらの品種も、苗からはじめた方が手間がかからず失敗する確率も低いので、良い苗を探してみてもよいでしょう。