良い種の選び方

ところで、種の入っている袋の裏側、読んだことがありますか?この小さなスペースには、実は様々な情報が載っていて、ここを解読することが、良い種を選ぶ第一歩となります。特にチェックしたいポイントはこの3点。

  • 発芽率…その種子を一定の条件で発芽させた際の、播種数に対する発芽数の割合のこと。発芽率が低いと、育ち方が均一でないことがある。
  • 採取年月日…種は、古くなるほど発芽率が落ちてくるので、新しいものを選ぶ。
  • 耐病性…なるべく病気にかかりづらい品種を選んだほうが、手間がかからず失敗が少ない。

種は、水や光などの発芽の環境が整うまでの間、最小限の生命維持活動で待機を続けていて、ほとんどの品種は、4年程度で発芽力を失うといわれています。しかし、高温多湿の環境下に置かれていると、この期間が短くなる傾向があります。ですから、雨や直射日光が当たっているような売り場に売られている種は、おすすめできません。種が余った場合も同様に、封筒などの湿気のこもらない袋に入れて、冷暗所に保管しましょう。

良い苗の選び方

良い苗とは、新鮮で元気な苗のこと。良い苗選びの基本は、野菜売り場で新鮮な野菜を選ぶのと同じです。良い苗のポイントは、下記のとおり。

  • 茎が太く、根がしっかりしている。
  • 葉の色が濃い緑色をしている。
  • 節と節の間が詰まっていて、だらりと伸びた印象がない。

また、芽や葉の色が黄色や茶色に変色していたら、病虫害を受けている可能性もありますので、葉の裏なども丹念にチェックしましょう。

農協の直売場
このように、生産者名や生産履歴を表示して苗を販売しているお店もあります
ホームセンターや通販など、様々な方法で手に入るようになった野菜苗ですが、農協の直販所など、生産者や生産履歴がわかる売り場で手に入れるのもおすすめです。表示の方法はそれぞれの売り場によって異なりますが、これまでの薬剤や肥料の使用状況がはっきりと表示されている苗は、他の食品と同様、安心して購入することができますね。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。