猫に噛まれても指を引かないでください
猫に噛まれても指を引かないでください
初めて猫を飼った人が最初に悩むことのひとつが、猫が噛んだりひっかいたりすることではないでしょうか。ここではなぜ猫が噛んだりひっかいたりするのか、噛まれたりひっかかれたときにはどんな対応をすればよいか。またその被害を少なくするためには、どのようにしつければよいかをご紹介します。


猫が噛む、ひっかくのは当たり前

もともとは狩猟動物で、非常に有能なネズミハンターの猫。人と深く結びつく生活の中で、現在のイエネコはネズミを捕食する環境が少なくなってきました。しかし、猫の狩猟本能は依然として残っていて、それを遊びの中で満足させようとします。猫は本能を刺激する動きや音や臭いを感じると、空腹でなくても獲物を狙う動作をします。このときの獲物は自分の食料ではなく、狩猟衝動から起こる遊びのターゲットです。ターゲットを狙う猫は身体を低くかがめ、お尻を少し持ち上げてシッポの先端を動かし、足踏みしながら襲いかかるチャンスを待ちます。「今だ!」と思ったタイミングで猫はターゲットに飛びかかり、前脚で抱え込み噛みつきます。後ろ脚を使って猫キックをしたり、前脚や口でマリのように高く放り投げたり、猫は様々な動きでターゲットをおもちゃにして遊びながら狩猟本能を満足させます。

お腹が空いていなくても、本能を刺激されると飛びかかっていくのが猫。そう考えると、猫が噛んだりひっかいたりするのは、ある意味当たり前の行動なのです。しかし、猫に慣れていない人は、猫が遊びの延長で軽く噛んでも「噛まれた!」と大騒ぎしがちです。猫の牙や爪を恐れるあまり、噛まれることに過敏に反応すると、猫は噛むと自分の思い通りになると思ってしまうことがあります。結果、猫主導型の生活を強いられることにもなりかねません。どの程度に噛んだのか、噛んだ状況と意味を冷静に判断し、それにあう対応をすることが大切です。


遊びの噛む、ひっかくとは?

子猫の目は5日~10日前後で開いていきますが、動くものを目で追うことができるようになるのは生後3~4週頃からです。足元がおぼつかない頃から、お母さん猫の揺れるシッポにじゃれつき、遊びながら動くものに素早く反応することを学んでいきます。兄弟猫がいれば、子猫たちは追っかけっこをし、飛びかかり、前脚で抱え込んで後ろ脚で猫キックして噛みつき合います。興奮しすぎて本気で噛み合い痛い思いをすると、一方は大きな声で悲鳴(抗議)をあげたり、またはもっと強く噛み返すという攻撃と防御のやりとりをする中で、仲間同士の限度=甘噛みという加減を体得していきます。

猫に噛まれたら指を上あごに押しつけます
猫に噛まれたら指を上あごに押しつけます
子猫同士の遊びは狩りの本能を満足させ、その能力を磨くと同時に、猫の社会性や性行動の勉強にもなっていて、猫の身体的や精神的の正常な成長に必要です。こうした理由から、可能であれば新しく迎え入れる子猫は最低生後2~3ヶ月まで、親兄弟との生活を経験してからの方が望ましいです。もし幼いうちにひとりぼっちになった猫は、そのような社会勉強の基礎ができていませんから、噛む加減を知りません。

飼い始めた子猫が本気で噛みついてくるようでしたら、あなたがその子猫の親や兄弟になったつもりで、子猫と遊びながら教育する(しつけをつける)必要があります。猫をしつける時の叱り方については、「愛猫のしつけの基本」にも書いた通り、決して体罰などを与えてはいけません。猫の性質によっては、軽い鼻ピンなどが効果的な場合もありますが、基本的に人間の手を使った体罰は避けるべきです。