学位を取得して何か変わりましたか?


体外的には特に変わりませんが、精神的な変化がありました。

実際、大学を退学させられてから、ずいぶん長い間、悪夢(試験が出来なくて冷や汗をかいたり、退学になる夢)を良く見ていたのですが、学位を取得してから見なくなりました。毎回冷や汗をかいて飛び起きるほどだったので、その悪夢から解放されて、本当に良かったです。

話は変わって…。今回、本を出版なさったそうですが、どんな本ですか?


はい。『会社がみるみる変わる戦略マップバランス・スコアカード実践活用法』という本です。

バランス・スコアカードで使われる「戦略マップ」に特化し、その作り方と実践方法を解説。小さな会社の社長が「戦略マップ」を使うことで経営が楽になると考え、専門用語やカタカナを極力減らし、分かりやすさにこだわって説明してあります。中小企業の戦略的経営のために必須とも言える本です。



学位取得後、岡山大学大学院修了、広島大学大学院博士課程在学中、と勉強・研究を続けていらっしゃる澤根さんですが、最後にひとことお願いします。


勉強というのは楽しいものです。
特にインプットだけじゃなくて、アウトプット(本を出版するとか、メルマガを発行するなど)を考えるともっと楽しいものになります。しんどいこともありますが…。

そうそう、大学院進学では学費もずいぶんかかりますが、今振り返ってみれば、支払った学費以上のものを得る事が出来たと思います。ちなみに今回出版した本の印税で、広島大学大学院の授業料1年分以上をカバーできるんですよ。

(西島)
澤根さん、ありがとうございました。
澤根さんは、大学評価・学位授与機構で「文学」学士取得後、大学院進学、さらに博士課程進学、と次々に学歴を更新されています。20年前の在学期間満了による退学宣告から20余年、学位を取得して悪夢から解放されたと語ってくれましたが、学歴はその本人に、良くも悪くも本当に大きな影響力があるのだな、とあらためて実感しました。



【関連記事】
・(学校別)学生インタビュー
・仕事をしながら通信教育で大学卒業
・退職せずに進学するメリット
・人生はいつでもやり直せる
・大卒じゃなくても大学院進学が出来るようになった!
・大学院の実態

・じんわりときく!くじけそうになった時に読むクスリ


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。