じっくり自分のペースで学びたいなら

image
多忙であっても大学院で学びたい社会人には、標準修業年限を越えて学ぶ事ができる「長期履修制度」がある学校がおすすめです。
修業年限の弾力化が進み、最短1年で修士が取れるという大学院がある一方、標準修業年限を超えて、自分のペースで時間をかけて学べる長期履修制度を設ける大学院が増えています。

長期履修制度とは、「職業や家事に従事しながら、入学希望者のライフスタイルに合わせて、通常、大学院の入学から修了までの履修期間を最初から長期に定めて履修することです」(大学院進学ガイド~「大学院へ行こう!」より)

この制度を使えば、仕事で十分な勉強時間を取れないという忙しい社会人学生でも、標準修業年限を越えて、大学院で学ぶことができます。また、じっくり時間をかけて学びたいという方にも利用価値の高い制度です。

既に長期履修制度やパートタイム制度を導入しているアメリカの大学・大学院には、仕事とうまく両立しながら学ぶ学生が多数在籍していますが、日本でも最近この制度を利用する学生が増えてきました。

・利用者の声「仕事が忙しい中、学業を継続できるのは長期履修制度のおかげ!→次のページへ