パワーポイントのスライドを方眼紙にして図形を描きやすくする

チャート図を作成したり地図を作成したりなど、PowerPointのスライドに、複数の図形を組み合わせて描画することがあります。こういった図形中心の操作を行うときは、スライドに「グリッド線」を表示して方眼紙のようにしておくと便利です。グリッド線が図形を描いたり移動したりするときの目安になるからです。

<目次>  

パワーポイントのスライドに「グリッド線」を表示する

スライドにグリッド線を表示するには、「表示」タブの「グリッド線」をクリックしてチェックを付けます。
PowerPoint2003では、「表示」メニューの「グリッドとガイド」をクリックして、「グリッドとガイド」ダイアログボックスの「グリッドを表示」にチェックを付ける

PowerPoint2003では、「表示」メニューの「グリッドとガイド」をクリックして、「グリッドとガイド」ダイアログボックスの「グリッドを表示」にチェックを付ける

これで、スライド上にグリッド線が表示されました。
グリッド線を表示すると、自動的にすべてのスライドにグリッド線が表示される

グリッド線を表示すると、自動的にすべてのスライドにグリッド線が表示される

グリッド線は複数の点で構成されており、目に見える点だけなく、方眼紙のマス目の中にもいくつもの見えない点があります。これらの点を目安にして図形を描画できるので、これだけでも十分便利ですが、さらにもうひとつの設定を加えると、ぐんと使いやすさがアップします。
 

図形がグリッド線に吸い付くような設定にする

その設定とは、図形を描画したときに、自動的にグリッド線に吸い寄せられてぴったり吸い付くような設定のことです。

グリッド線の詳細を設定するには、「ホーム」タブの「配置」ボタンから「配置」→「グリッドの設定」をクリックします。ちょっと意外なところに機能が隠れているので注意しましょう。
PowerPoint2003では、「表示」メニューの「グリッドとガイド」をクリックする

PowerPoint2003では、「表示」メニューの「グリッドとガイド」をクリックする

「グリッドとガイド」ダイアログボックスが表示されたら、「位置合わせ」の「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」のチェックが付いていることを確認してください。初期設定ではチェックが付いていますが、チェックが付いているときに図形を描くと、グリッド線に吸い寄せられるようになるのです。
グリッド線を表示したときは、必ずこの項目のチェックを付けて使おう

グリッド線を表示したときは、必ずこの項目のチェックを付けて使おう

グリッド線の間隔を変更したいときは、「間隔」の▼ボタンをクリックして、一覧から変更したい間隔を選びます。最初に表示される点の数が細かすぎるときは、「1cm」や「2cm」などに変更するといいでしょう。個人的には、「1cm」の間隔が一番使いやすいように思います。
ここでは、「1cm」の間隔に変更した

ここでは、「1cm」の間隔に変更した

最後に「OK」ボタンをクリックすると、スライド上のグリッド線の間隔が変更できました。
グリッド線の間隔が広まった

グリッド線の間隔が広まった
 

グリッド線を利用して図形を描く
 

では、グリッド線を使って実際に図形を描いてみましょう。「挿入」タブの「図形」ボタンから図形の種類(ここでは「正方形/長方形」)を選びます。
PowerPoint2003では、画面下部の「図形描画」ツールバーの「四角形」ボタンをクリックする

PowerPoint2003では、画面下部の「図形描画」ツールバーの「四角形」ボタンをクリックする

マウスポイターが「+」の形に変わったら、スライド上をドラッグします。
点と点の間をドラッグしたつもりでも、自動的に最寄りの点に吸い寄せられる

点と点の間をドラッグしたつもりでも、自動的に最寄りの点に吸い寄せられる

そうすると、ドラッグを開始した位置に一番近いグリッド線の点に自動的に吸い寄せられるのがわかるはずです。これなら、グリッドの数を数えて、図形の大きさを揃えることもできます。また、複数の図形の端をぴったり揃えることも簡単です。

一時的にグリッド線を無視して好きな位置に図形を描くには、「Alt」キーを押しながらドラッグして図形を描画します。
グリッド線そのものを消したいときは、グリッド線を表示したときに付けたチェックをはずせばよい

グリッド線そのものを消したいときは、グリッド線を表示したときに付けたチェックをはずせばよい

PowerPointはオフィスソフトの中でも図形を描く機会の多いソフト。こういったテクニックを覚えておけば、図形の操作をスムーズかつスピーディに行えます。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。