信頼できる不動産会社

不動産会社の信頼できる・できないは、どこを見分ければ良いのでしょう。

マンション選びは物件ありきなので、気に入った物件に出会った後に、この物件の売主や施工会社は大丈夫か、という心配が生じてきます。とりわけ、マンション事業の主体である売主は、契約内容、物件の性能・品質、アフターサービス、万一の瑕疵について大きな責任がありますので、格別の注意を払う必要があります。

今回は「信頼できる不動産会社の見分け方」について、ご説明したいと思います。

まず、分譲マンション事業の仕組みを知る

たいていの方は、物件がとても気に入ったのであれば、売主会社の信頼性について今ひとつ確信が持てなくても「よく分からないし、まぁ知名度がるから大丈夫だろう」と目をつぶって契約にいたるのが、一般的な傾向です。

信頼できるかどうかは、マンションのモデルルームやパンフレット、不動産会社のホームページを見ても分りません。分譲マンション事業の舞台裏、つまり分譲マンション事業の仕組みの理解ができて初めて、どういうモノサシで信頼度を図るべきかがわかるからです。

そこで、分譲マンション事業の中味を解剖しながら、競争に強い会社は永続性があり、結果として信頼できる不動産会社であるという視点から、強い会社の条件をあげることで、信頼度の高い売主を選ぶポイントについてアドバイスしたいと思います。

マンション事業は誰にでもできる?

マンション事業は、設計事務所やゼネコン、販売会社などに事業の各パーツを外部委託する形で進めることができます。売主は土地を見つけて、購入する資金調達能力さえあれば、とりあえず事業を立ち上げることができるのです。つまり、ノウハウがなくても委託先から教えてもらいA先ェらやれる、というところがこのビジネスの簡単そうなところです。

委託先として代表的な存在が長谷工コーポレーションです。マンションの施工実績が累計で489,106戸の同社は、売主に対して土地持込による特命受注を目指すマンションの設計・施工会社です。同社は、毎年、首都圏、関西圏のマンションの供給戸数の10パーセントから20パーセントを施工しており、傘下に不動産販売会社、マンション管理会社、売買・賃貸の仲介を手掛ける子会社を有しています。

そうした企業活動を通して蓄積してきた、分譲マンション事業についての多角的なノウハウという強みを活かし、新規参入企業に対して分譲マンション事業に必要な業務をグループ企業総出で、丸抱えで受託するのです。


次のページでは、分譲マンション事業を解剖してみて、そこから見えてくるものとは?