台湾の「キレイ」をお持ち帰り! コスメ土産

台湾でも日本でも、女性が美容に関心があるというのは万国共通のこと。台湾はどちらかというと日本よりも自然派志向で、天然成分でキレイになるコスメが注目されています。

特に人気があるのがシートマスクで、白茶、真珠、薔薇、きゅうりなどを原材料としたパックがずらり。ドラッグストアやコンビニの目立つところにおいてあり、パッケージも可愛いのでお土産にぴったりです。

天然石鹸で肌つるつる! 阿原肥ザオ

allabout taiwan

重ねた上が[緑豆」190台湾元。(約540円)下が[四神」250台湾元(約700円)

阿原肥ザオは、材料と作り方にこだわった手作り石けんを扱う店。植物に漢方や、天然の油や精油、蜜ろうなどを加え、鍋でよく煮て固め、切り分けて30日間かけて自然乾燥させます。石けん自体がビタミンや薬効を含んでいるので、「生きた石けん」と言われるほど。

漢方薬を配合した石鹸「四神」は皮膚をなめらかにする効果があり、「清肌玉膚」は透明感が欲しい人にぴったり。台北駅前の他に、誠品書店敦南店にも支店があります。

<DATA>
阿原肥ザオ(ザオは白の下に七と言う字が来て1文字)凱撤店
住所:台北市忠孝西路一段38號 凱撤大飯店B1階
アクセス:MRT台北駅凱撤大飯店出口より徒歩1分
TEL:(02)2389-0438
営業時間:日~木 11:00~22:00 /~22:30(金、土)
定休日:なし

 

漢方美肌パックなら生元薬行

allabout taiwan

右が玉容散(250g入り500台湾元、約1,400円)

生元薬行は漢方薬専門店。中医(漢方医)で処方された漢方を調合してもらうだけでなく、包装済みの漢方や丸薬を買うこともできます。ここで売られている玉容散(ユィロンサン)は、西太后が53歳になったある日、自分の顔のくすみに気が付き、おかかえの医者にこの『玉容散』を作らせ顔に塗ったところ、だんだんシミが薄くなり、色白になっていったという伝説の美容パックなんです。

使い方はおやすみ前にぬるま湯で顔を洗った後、付属のスプーン1杯分を牛乳で溶き(だいたい粉の1.5倍を目安にお好みで)、薄く顔にのばします。10分くらい経ったらぬるま湯ですすぎます。漢方の香りが台湾の薬膳スープのようで好みが分かれるところだと思いますが、週に2、3回のペースで使うのが理想です。

<DATA>
■生元薬行
住所:台北市南京西路181號
アクセス:MRT中山駅からタクシーで約5分、徒歩20分くらい
TEL:(02) 2555-2970
営業時間:8:30~21:00 漢方医(中医)がいる時間は9:00~12:00、14:00~17:00
定休日:日曜日と旧正月

 

お手軽シートマスクはドラッグストアでまとめ買い

allaboutundefinedtaiwan

台湾で大人気のシートパックはパッケージも可愛い

台湾女性はシートマスクが大好き! コンビニやドラッグストアに行くと、目立つところにコーナーがあるのですぐにわかります。とにかく種類が豊富で、ばら売りもしているのであれこれ試してみたくなるはず。定価は1袋60台湾元(約170円)前後ですが、ドラッグストアではもう少し安く売られています。

ドラッグストアなら、MRT駅の中でよく見かけるオレンジの看板のCosmedか、駅周辺で見かけるペパーミントグリーンの看板、Watson'sへ。コンビニにも必ずと言っていいほどおいてありますので、ホテル近辺のコンビニをチェックしてみて下さい。

※1台湾元=2.8円で計算しています(2010.10)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。