やはり高級住宅街~駅北エリア

住宅街(駅北側)
住宅街(駅北側2)
駅の北側に広がる戸建住宅街。緑が濃いのが特徴的
駅北側は商業集積度が高い、というのは前ページで書きましたが、「ラポルテ芦屋」の北を走る道路を越えると、そこは高級住宅街。アパートや連棟住宅がない! というか戸建の敷地が広い! というわけでマンションや「普通の一戸建て」があまり見られません。「住みやすい街」の紹介でありながら「住む住宅」を見つけるのに苦労しそう……。

しかし、駅からみると東へ200m程いったあたりを南北に流れる「宮川」を越えると、少し小ぶり(というか「普通」)の戸建が増え、もう少し東へ行くとマンションだらけのエリアも存在します。このあたりなら、現実的に住まい探しもできそうです。

ところで、立派な街並みを歩いていると気になることが一つありました。どうも、診療所の類が多いのです。医者が多いのは何かと便利で、住みやすい街の一つのポイントでもあるのですが、お医者さん=お金持ち、やはりお金持ちの方が多い街なのだ、妙に納得したのでございました。

少し庶民的な雰囲気も~駅南エリア

駅から南側を望む
駅南側ロータリー
(上)駅から南側の街並みを望む。雑居ビルが多く並んでいるのが分かる(下)駅南側のロータリーは、かなりこじんまりとした感じ
一方、JRの線路と2号線に挟まれた駅の南側は、かなりカジュアルな感じ。雑然とした雰囲気です。集合住宅も多く見られます。線路沿いの駅前のあたりや2号線沿いには商業施設がならびますが、街並みの全体的な統一感はありません。駅前ロータリーも、北側は新快速の停車駅の風格がありますが、南側のそれはちょっとひなびた各駅停車の駅前といった様子。

そのような街並みは線路を並行して走る国道2号線まで続き、2号線を南側に横断すると、住宅街となります。駅北側エリアに比べてこじんまりとした感じ。集合住宅も散見され、一戸建てが多く立ち並んでいた駅北側よりは住まい方の選択肢は多くなります。

建物だけを見ていると、何の変哲もないよく見る街並みなのですが、掃除が行き届きさっぱりとした街路を歩いていると、何とはなしに、品のよさ、落着きといった感覚を覚えます。

続いて最後はJR「芦屋」駅周辺の相場を見てまいりましょう。

狙い目は駅南エリアの賃貸

宮川沿いの街並み
JR~2号線
(上)宮川沿いの風景はどことなく懐かしい感じがある(下)JR駅南側から2号線への幹線沿いには集合住宅が複数並ぶ
まず驚くのは、JR「芦屋」駅と両隣の駅とを比較したときの、その家賃の差異。東から順に「西宮」駅(西宮市)、「芦屋」駅(芦屋市)、「甲南山手」駅(神戸市東灘区)で3駅とも行政区は異なりますがいずれも人気のある行政区。果たしてその家賃相場を「HOME'S家賃相場」で調べてみると、1LDK・2K・2DKで7万円台・10万円台・7万円台と3万円程度の開き。2LDK・3K・3DKでは1~2万円程度の差になりますが、3LDK・4K・4DKだと10万円台・17万円台・12万円台となり5万円~7万円と乖離が激しくなります。

「西宮」駅は快速、「甲南山手」は各駅停車駅なことや、3LDK以上の物件については、両隣りの駅に比べ「芦屋」駅には100平米超といった大きな物件が多い、といった理由でこのような結果が出るのでしょうが、にしてもこの差は大きい!3LDK以上を「芦屋」駅周辺で借りる予算があれば隣接駅なら3LDKと1LDKが借りられる計算です。

中古マンション相場も賃貸同様、かなりの高値圏。ただ、古くからマンションが存在していたエリアでもあるので、築年数の古い物件も存在。築20年以上で狙えば徒歩圏内で80平米前後の3LDKが2000万円前後から探せます。


といったわけで今回のJR「芦屋」駅、いかがでしたか? ステイタスも利便性も高いこのエリア。広さや築年数などの希望をワンランク、ツーランク下げるなどして高望みをしなければ、住まい探しもおそらく可能。ただ、周辺はショップや飲食店、スーパーに至るまで高級店が豊富。日々の誘惑に負けて、生活ランニングコストが上がる可能性があることもお忘れなく!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。