住まいを語る際にキーワードとして語られることの多い言葉の一つに「安全」があります。「安全な住まい」「安心と安全をお届けする~」「家内安全」etc.では安全はどうすれば手に入るのか?一つには「安全な建物」に住むこと。そしてもう一つは「安全な街」に住むこと。

今回は、大阪府警発表のデータに基づいて大阪府下エリアの「安全」について見てまいります。

大阪府警HPで安全情報を手に入れよう

曽根崎警察
大阪府警では色んなデータをホームページで開示。是非とも街選びにも役立てたい。写真は「そねざき警察署」
皆さんは大阪府警察のホームページをご覧になった事がありますか?大阪府に限りませんが、警察のホームページでは安全に生活するための様々な情報が公開されています。

暴力団・ヤミ金融・薬物等々かなり物騒なものからひったくり・悪質リフォーム業者・出会い系サイトにいたるまでの「被害者にならない為の対処法」などは、見ていると「こんなに日本は物騒になってしまったのか」とブルーな気分になってしまうほどの充実ぶりです。

他にも「あなたの町の交番位置マップ」というコンテンツもあります。地図をクリックしていけばどこに交番があるかがわかります。

近所にある交番の位置を再確認することもできますし、検討している住宅周辺の交番の有無を調べることもできます。落し物をしたときなんかにも重宝しそう。でも、そのときは先に「落し物公開情報」で確認してからにしましょう。

といった感じで、情報が豊富に掲載されている大阪府警察のホームページ。ついいろんなコンテンツに目移りしてしまいます。「子どもけいさつフェアって何や?」等と気になる個所は複数あれど、そこはぐっと気持ちを抑えて、「住みやすい街」というテーマとは密接に関係する犯罪発生マップを見てみる事にいたしましょう。


犯罪発生はエリアによって様々

<br>御堂筋、死角なし
御堂筋、死角あり
同じ通り沿いでも周辺事情で印象も変わる。上の写真は死角が少ないが、工事現場では塀のため死角ができる
犯罪発生マップは「ひったくり」「路上強盗」「子供被害情報」「自動車盗」「侵入盗」「車上ねらい等」の6つの類型の犯罪の発生場所を地図におとして示したもの。これをつぶさに見れば、どのエリアでどのような種類の犯罪が多い(少ない)のかがビジュアルでわかる便利なマップです。

そこで、一度マップをみればお分かり頂けると思うのですが、特定エリアで犯罪が頻発してることはあっても、特定行政でまんべんなく犯罪が頻発している行政区はありません。住まいを選ぶ際に、特定の行政区を「犯罪の多い(少ない)街」と決めつけることはあまり意味のある行為でないことがお分かり頂けると思います。

統計数字をみれば特定の市区が危険もしくは安全に見える事もあるでしょうが、自分が住むのはピンポイントの一か所。全体の数字やイメージにとらわれない様、希望エリア周辺に絞って見てみないと欲しい情報は手に入りません。

また、行政区単位どころか、駅単位で見てもあちら側とこちら側で状況が異なり、「駅としての評価」がしにくい場合もあります。

北摂で最も人気の高い駅の一つである北大阪急行電鉄「桃山台」駅・「千里中央」駅の間のエリア。2007年一年間の「ひったくり」の発生状況をみると、全てが駅の東側・新御堂筋の東側に集中しているのがわかります。しかし、これが「子供被害状況」となると西側の方が件数が多く、「路上強盗」ではどちらも0件。

極端な例を引き合いに出しましたが、犯罪種別によっても発生状況も異なることまで考えると「○○市(○○駅)は危ない」等という事が、いかに漠然としていて意味のないことかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

では、次ページでは犯罪種別ごとにもう少し見てまいります。