快適で機能的な家にするリフォームの段取り
タイミングはいいか? 本当に満足するプランか? シッカリ確認

その形で本当に満足する暮らしができますか? あなたの暮らし方には、別の形が合っているかもしれません。
快適で機能的な家にするリフォームの段取りでは、リフォームのタイミングとプランが大きなポイントになります。

家の快適度や機能性を上げるリフォームを成功させるためには、本当にそのリフォームで暮らしが向上するか見極めることが必要です。

また思いつきで今回はキッチン、次回は浴室というようなリフォームの仕方は、継ぎ足し工事となり、二重手間が増えてしまいます。

リフォームを成功させる段取りは、リフォームのタイミングを計りながら、本当に満足するリフォームプランを作る下準備から始めます。

 

快適で機能的な家にリフォームする段取りと手順 

まずは家に対する不満や、希望の暮らし方をメモに書き出します。冬に寒い、掃除がしにくいなど何でも構いません。書くことで今まで気付かなかった不満に気付くようになり、希望の形が浮かんできます。形を先に考えるのではなく、暮らしを先に考えましょう。
■リフォーム前準備!家ストレスをチェック
■ちょっと待って! そのリフォーム本当に必要?
■本当に満足するリフォームプランの手順! 最初の一歩はリライフから

これらの下準備が整ったら、リフォーム業者探しに入ります。希望の暮らし方をじっくり伝え、プランの提案をしてもらいましょう。そしてリフォームに掛かる金額を見積もってもらいます。3社ほど比較するといいでしょう。
■3分でわかる!リフォーム業者相性診断
■リフォーム見積りのカラクリ!どっちが得?

大切なのは、希望のリフォームを叶えてくれる業者かどうかを見極めることです。生活に入り込んだ打ち合わせも多いので、担当者との相性も大切です。
■リフォームの成否を分ける担当者の選び方

業者が決まり、プランが固まってきたら、ショールームへ行っておきましょう。実物を見た後に商品を変更したくなるケースは多いので、契約前にショールームへ行くのがポイントです。
■リフォーム成否のカギ!ショールーム利用術

プランと金額に納得がいったら契約です。現場で工事内容を確認します。

 リフォームの段取りワンポイントアドバイス

水まわりのリフォームはまとめて行なうなど、家全体でのリフォーム計画を立てることで、二度手間やムダを防ぎましょう。また、築10年を過ぎているなら、家の劣化状況をチェックして修繕のリフォームを検討する必要があります。
■リフォームするたび損が増える二重手間の罠
■築年数別リフォーム!家はこうして劣化する


⇒ 老築化した家の修繕のリフォームをしたい人の段取りはこちら
⇒ 築10年を超えているが、何をしていいか解らない人の段取りはこちら