リフォームの段取り術を目的別にまとめてご紹介します。家のリフォームの必要は感じていても、何から始めていいのか? ダンドリが解らないという話をよく聞きます。そこで置かれている状況別に、具体的なリフォームの段取りとワンポイントアドバイスをご紹介します。

リフォームの段取り早わかり
状況別! 契約までの具体的な手順とワンポイントアドバイス 

家は建った瞬間から劣化との戦いが始まります。また生活スタイルが変われば必要な家の形も変わるので、快適に暮らし続けるためにはどんな形であれリフォームが必要です。

そしてリフォームは、「業者選びはいつしたらいい?」 「 どの時点で見積もりを依頼する?」 「 ショールームにはいつ行けばいい?」 「 そもそも本当にリフォームは必要?」  など、段取り次第で満足度が大きく変わります

そこで今回は、現在置かれている状況別に、契約までのリフォーム段取り早分かり! 具体的な段取り手順とワンポイントアドバイスをご紹介します。

 ▼ 老築化した家の修繕のリフォームをしたい人の段取りはこちら


 ・ 屋根が古くなってきた
 ・ 外壁が汚れてきた、ヒビがあるようだ
 ・ 蛇口から水漏れがする、赤水が出る
 ・ 雨戸がガタガタして開け閉めしにくい
 ・ 金属部分にサビが出ている
 ・ 木部が腐ってきているようだ etc...

 

 ▼ もっと快適で機能的な家にリフォームしたい人の段取りはこちら


 ・ 間取りが使いにくい
 ・ キッチンや浴室が古くなってきた
 ・ 収納が足りない
 ・ 冬がとても寒い
 ・ 夏にとても暑い
 ・ もっと広々とさせたい etc...

 

 ▼ 築10年を超えているが、何をしていいか解らない人の段取りはこちら


 ・ リフォームしたことがない
 ・ 何をしていいかわからない
 ・ リフォームの必要があるかわからない
 ・ 何かしないと…… と不安がある etc...