複数のリフォーム業者に、同じ工事内容で見積りの依頼をすることを相見積りと言います。さてその結果、A社が¥40,000、B社が¥60,000と出てきました。一見するとA社が安くていいと思いがちですが、ちょっと待って! B社のほうが得をすることもあるんです。今回はリフォーム見積り3つのカラクリ、どっちが得か見極める方法です。

リフォーム見積りのカラクリ-その1
見積り書からだけではわからない!業者と施主間の認識のズレ

トイレの枠まわり塗装工事¥30,000。どの枠を塗るのか実際に確認しましたか?

トイレの枠まわり塗装工事¥30,000。どの枠を塗るのか実際に確認しましたか?

複数の業者に見積り依頼をする時、同じように伝えたつもりでも、受け取り方や工事方法によって、リフォームの工事範囲が違っているケースがあります。

例えば同じように見える浴室リフォームでも、A社は 「古い給水管につなぎこむ工事」、B社は 「給水管を全て新しくする工事」 かもしれません。

それならB社のほうが費用は高くて当然です。しかし見積りにそこまで詳しく書いてあるかといえば、そうとは限りません。見積り書という小さな枠の中に記述できる情報には限りがあります。

また「トイレ枠塗装工事 一式¥40,000」というような表記の場合、実際にどこからどこまでを塗装するのかまでは、はっきりとはわかりません。

リフォームは既存部分と新規部分が複雑に絡み合っているので、工事範囲の詳細までは、見積り書からだけではわかり難いという特徴があります。工事範囲が違えば、金額も違って当たり前です。ひとくちにA社が¥40,000、B社が¥60,000と言っても、もしかしたら工事する範囲が違うから値段も違うのかもしれないのです。

 

どっちがお得?見極めるにはリフォーム部位の指さし確認を

どっちが本当にお得なリフォームかを見極めるには、まずは実際に工事をする場所に行き、見積り書の項目の説明を受けながら、工事範囲の指さし確認を行いましょう。メンドウなようですが、この指さし確認により、書類の上だけではわからなかったことが見えてきて、認識のズレが起きている個所を確認することができます。

業者と施主間に認識のズレがあると、「ここまでやってくれるはずじゃなかったの?」「いいえそこは追加です」というようなトラブルが起きます。このようなトラブルを防ぐためにも、まずは指さし確認を忘れずに行い、見積り書に加えて図面や仕様表など、リフォームの範囲をわかりやすく記した書類を貰いましょう。

次のページでも本当はどっちがお得?いいものは高い、付加価値で費用は変わる、リフォームの見積りのカラクリとその見極め方をご紹介します。