「この家賃って高いんじゃないの?」と思っても、不動産会社の営業マンに「いやあ、この賃料は相場ですよ。むしろ安いくらいですから。」なんて言われると、何も言い返せない。そんな経験はありませんか?このシリーズでは、自分で家賃査定ができるようになるためのプロの技をお届けしています。今回が最終回。これであなたもプロ並みの家賃査定ができますよ!
※今回は、日本賃貸住宅管理業協会(日管協)の「家賃査定ハンドブック」を参考に賃料査定の方法を解説しています。

家賃査定のプロの技5~「いよいよ査定賃料を出す!」


前回までに、家賃査定をするプロセスとして、

第1回:有効面積を出す
第2回:標準間取りの家賃を調べる
第3回:査定したい物件の有効面積から仮賃料を出す
第4回:査定したい物件の付加価値をポイント数で計算する


という手順を踏んできました。これをもとに査定物件の賃料を計算してみましょう。

>>>査定物件の有効面積が18畳以下の場合 
>>>査定物件の有効面積が18畳を超える場合 
※「有効面積」とは、居室、ダイニング、キッチンなどの広さ(畳数)を単純に足し算したもの。例えば、和室6畳、洋室6畳、DK6畳の2DKの場合の有効面積は、6+6+6=18畳となります。