「30平米のワンルーム」「18平米のワンルーム」……そう言われた時、その広さのイメージができますか?「6畳、4.5畳」といわれれば、なんとなく分かるけれど「○平米」といわれると、いまいちピンとこないかもしれません。でも、イメージできると部屋探しのときに便利です。
 

「広さのイメージ」って?

30平米の部屋の広さは?

    部屋の広さがどのくらいかイメージできますか?

そもそも、部屋の広さってどの部分を見てイメージしますか?特にワンルームのような仕切りのない部屋になると、部屋に入った途端目に飛び込んでくるのは、たいてい空間の部分、つまり居室として使える部分ではないでしょうか。

トイレや収納がどれだけ広くても、そのドアや戸を開けてみないと広さは分かりませんが、居室なら入った途端に広さが分かります。そこで今回は、居室として使える「空間」をイメージしやすくなってみましょう。
 

「6畳」ってどのくらいの広さ?

今更……と思うかもしれませんが、6畳の広さをご存知ですか?一般的には、たたみ1畳は182cm×91cm。これは、江戸時代は6尺×3尺(1尺=30.3cm、6尺=1間)というサイズの畳が使われており、そのときの名残が今も続いているのですが、現代の建築様式にあわせて畳サイズも変化してきたため、現在ではさまざまなサイズの畳が見られます。

例えば、主に関東以南で使われる「京間」は横95.5cm×縦191cm、東海地方で見られる「中京間」は横91cm×縦182cm、関東地方の「江戸間」は横88cm×縦176cm、さらにそれより小さな「団地間」横85cm×縦170cm程度というのもあります。どの畳を使うかによって、同じ6畳でもずいぶん部屋の大きさには差ができてしまいます。詳しくは、「畳の大きさはなぜ違う?」をご覧ください。

基準となる6尺×3尺(182cm×91cm)の畳を用いた6畳間を計算してみると、1.82m×0.91m)×6畳=9.9372平米、つまり約9.94平米となります。つまり、6畳は約10平米だと覚えておくとよいでしょう。

ただし、自分の部屋の畳サイズがどのくらいなのか、測っておくこと。それを基準に考えると、部屋の大きさがイメージしやすくなります。
 
畳の種類 6畳では○平米
「京間」(191cm×95.5cm)→ 約11平米
「中京間」(182cm×91cm) → 約10平米
「江戸間」(176cm×88cm) → 約9.3平米
「団地間」(170cm×85cm) → 約8.6平米
 

18平米ってどのくらい?

畳の大きさを元にすると、だいたいの部屋の広さがイメージしやすくなります(以下、「畳」とは、中京間のことを指します)。

例えば、「18平米のワンルーム」と言われれば、18平米÷10平米(=6畳の面積)×6畳=10.8畳
と、だいたいの広さが計算できます。ただし、「専有面積18平米」というのは、部屋を真上から見たとき、壁から壁までの距離なので、収納やトイレなど通常居室として使用できないスペースも含まれています。その分を差し引きすると・・・
 
◎18平米のワンルーム=10.8畳×(6~7割)
=居室は6~7畳

となるのです。全体の面積から考えると、居室として使えるのは、だいたい6~7割。これを覚えておくと、専有面積を聞けばおよその広さがイメージできるようになるのです。
 

では問題。「30平米」のワンルームなら?

先程の18平米の場合を応用して考えてみましょう。次の式に当てはめれば、居室の広さが想像できます。

(1) まず、30平米が何畳なのかを計算する
 
30平米÷10平米×6畳=18畳

(2) (1)で求めたうち、居室として使えるのは約6割なので、
 
18畳×0.6=10.8畳

※注:専有面積が広くなると、さまざまな部分にゆとりが生まれるので、居室として使えるスペースはもう少し少なくなることも多い。

これが、求めたい居室の広さなのです。この計算式に知りたい専有面積を当てはめれば、居室の広さが一発で分かりますよ!新しく部屋を借りるときの参考にしてくださいね。

【関連サイト】
・専有面積ってどの部分?
・「畳の大きさはなぜ違う?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。