どのくらい大きさが違うの?


畳
地方によって畳の大きさが違うことはよく知られている。小さい畳だとなんだかソンした気分になってしまう


それぞれの地方の畳のサイズを見てみましょう。(1尺=30.3cm、1間=6尺)

・京間  横95.5cm×縦191cm
縦の長さが「六尺三寸」ある畳。主に、関西、中国、四国、九州地方で使用され、「本間」とも言われる。

・中京間 横91cm×縦182cm
主に、愛知、岐阜、三重で使用されているもの。東北、北陸地方でも一部見られる。ちょうど、縦6尺横3尺なので「三六間」とも言われる。

・江戸間 横88cm×縦176cm
静岡以北の関東地方を中心に使用されているもの。縦のサイズが5.8尺であることから、「五八間」とも言われています。ほかに「関東間」「田舎間」とも呼ばれる。

・団地間 横85cm×縦170cm程度
はっきりしたサイズの決まりはなく、江戸間より小さいもの。縦が5.6尺ほどのものが多く、近年団地でよく見かけられる。

これは1畳のサイズですが、この畳を使って6畳の部屋にしてみると・・・

1畳の大きさ(cm)6畳の大きさ(cm)面積の差(平米)畳にすると
京間95.5×191286.5×38200
中京間91×182273×364-1.0-0.6畳
江戸間88×176264×352-1.65-1.1畳
団地間85×170255×340-2.27-1.6畳


畳2
『6畳』、『4.5畳』といっても、京間か団地間かでは大違い!

京間と中京間で0.6畳、江戸間で1.1畳、団地間ではなんと1.6畳も差が生じてしまいます。ちなみに、京間で4畳半だと8.2平米、団地間の6畳は8.7平米で、その差は0.5平米。団地間の6畳は、京間の4.5畳より0.3畳分しか広くないのです!

広告上は、1畳の大きさは決められている!



ちなみに、首都圏不動産公正取引協議会では、たたみ1畳の面積は1.62平米以上と決められています。これによると京間と中京間は1畳が1.62平米以上あるので、そのまま○畳と表記できますが、江戸間や団地間は面積が小さいため、たたみ1枚を1畳と表記できません。その場合には、面積を表示することとなっています。

間取り図を見て、6畳と書いてあっても、実際に部屋を見てみないとどのくらいの広さなのか、分からないものです(1.62平米×6畳=9.72平米以上ない場合には、6畳ではありません!)。今までと違う地域に引っ越したときには、必ず下見して部屋の広さを確認しましょう。
中には、6枚の畳のサイズがそれぞれ違う6畳の部屋もあったりしますから!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。