みなさんは「デザイナーズマンション」をご存知ですか?「デザイナーズマンション」とは、その名のとおり、デザイナーが企画したマンションのこと。一般的に、普通のマンションよりちょっとカッコいい・おしゃれなものが多く、「どうせ住むなら、あんなカッコいいマンションに住みたいな~」とあこがれる人も多いようです。でも、デザイナーがプランしたり、ちょっと凝ったマンションになれば、それなりに建築コストもかかるため、どうしても家賃が高くなりがち。また、なかには機能性よりデザインを重視したために、実際に住むと住みづらかったりするものもあるようです。
そんなわけで、憧れはするけどなかなか手が出しづらいイメージのあるデザイナーズマンション。でも、今回紹介するマンションは、「機能性も重視した『デザイナースマンション』」なのです。早速、取材をしてきました。

まずは『かっこよさ』に目を奪われ


外観
港区芝にあるこの物件は、道を歩いていても目を奪われてしまう

さて、現地を訪れてみてまず目に飛び込んできたのが、コンクリート打ちっぱなしの外観。コンクリート打ちっ放しの賃貸マンションは決して珍しくありませんし、デザイナーズマンションでなくてもありますが、この風貌を匂わせる賃貸マンションはやはり普通とはどこか違う感じ。建物の側面は白でペインティングされていて、都会的な建物外観でした。

実はこの建物、エントランス両脇に立体式駐車場を配置してあるのです。普通のマンションだと1階にも住居がありますが、この物件は1階には部屋がなく、エントランスホールのみとなっているため、よりスタイリッシュな雰囲気をかもし出しているのかもしれません。
エントランスには郵便受けと宅配ボックスが設置されています。このエントランスは天井が高く、さらに奥から光が差し込んできているため、すごく明るく開放的。
外観1 エントランス1
住居ではなく、まるでなにかのショップのようなおしゃれな雰囲気 天井が高く、やさしい光が差し込む明るいエントランスホール

早速室内を見学してみましょう!-->