人がウィンディゴになる時

呪術師に呪いをかけられたり、ウィンディゴに咬まれた時、人はウィンディゴになるそうですが、多くの場合、冬季、積雪で外部から孤立し、食料の貯蔵が乏しい時におきます。

最初の兆候は気分の落ち込みと食欲の低下です。その後、ウィンディゴに取り付かれたという思いが頭を占めるようになり、「このままではウィンディゴに変化してしまう」という強い恐怖と不安感と共に、次第に周りの人が食べ物に見えてきます。

やがて、ウィンディゴに完全になってしまうと、周りの人を襲って、食べてしまいます。ウィンディゴになった人は、部族から処刑されるか、時には、ウィンディゴに完全になる前に自殺してしまいます。


ウィンディゴになった人を考察すると

ウィンディゴになった人はウィンディゴ精神病(windigo psychosis)と呼ばれていて、アルゴンキアン族に見られる、文化依存症候群の一つとなっています。

餓えに対する恐怖がストレスとなり、民族に伝わるウィンディゴの話の影響を受けて、ウィンディゴに取り付かれ、人を食べるという特徴的な症状が出現したのだと思います。

しかし、ウィンディゴの物語が生まれた、そもそもの背景には、アルゴンキアン族が飢餓に直面した時、人肉を食べて、乗り切ったという悲劇的な経験があるのではないでしょうか。飢餓状態になると、人間の生存本能は「人肉を食べろ」、人間の理性は「そんなことはいけない」となり、心に強い葛藤が生じると思います。

本能的の恐怖が支配的になった時、飢餓の他にも、経済の大恐慌、自然災害といった時があるでしょうが、理性的でない行動を取ってしまうことがあります。あってはいけない事が起こってしまったら、人々がそれを受け入れる為に、ウィンディゴのような物語が必要になるのではと思います。

また、ウィンディゴ精神病には栄養問題もあると考えられています。冬季の食料の乏しい時には、ビタミンが不足しがちで、精神状態に変調が生じやすくなります。ウィンディゴになりかかっている人には、ウィンディゴの氷の心臓を溶かす為に、熊の脂を与え、治療します。熊の脂には、ビタミンが多く含まれていて、ビタミン不足を補正しているのかもしれません。

ところで、アルゴンキアン族の親は、子供に対して、一人で森に行かないように、ウィンディゴの話を聞かせます。「森に一人で行ってはダメだよ。森にはウィンディゴがいて、食べられちゃうから」

なお、ウィンディゴは、実はビック・フット(big foot)であると言う人もいます。


<All About関連>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項