映画監督アルフレッド・ヒッチコック

私にも苦手なものがあります
私にも苦手なものがあります
アルフレッド・ヒッチコック(1899~1980)といえば有名な映画監督ですね。「サイコ」、「めまい」, 「北北西に進路を取れ」、「汚名」などが代表作ですが、皆様は彼のどの作品がお気に入りですか? ヒッチコックは英国生まれで、1939年にアメリカのハリウッドに招かれて有名になりました。特に「サイコ」は怖いですね。この映画のシャワーシーンを見てシャワー恐怖症になられた方が多いそうです。あなたは大丈夫でしたか?

ヒッチコックは観客にスリルとサスペンスと恐怖を与える名人でしたが、本人には恐怖症といっていいほど苦手のものがありました。


警察が苦手

子供の頃、ヒッチコックがいたずらをした時、お父さんから手紙を持たされ警察署へ行くように言われました。その手紙を一読した警察官にヒッチコックは独房の中に入れられました。5分後、出してもらいましたが、その時、警察官から「悪い子にはこうしているよ」と言われました。以来、警察に対して理性を超えた恐怖を覚えるようになりました。

単に苦手なものが恐怖症のレベルになると生活に支障が起きてしまいます。実際、彼は車の運転をしませんでした。車を運転しなければパトカーから止められて切符をきられることもないからだそうです。ハリウッドのあるロサンゼルスは車がないと生活できないような場所ですので普通の人なら困ってしまいますね。



卵も苦手

ヒッチコックは卵も苦手でした。卵に対する嫌悪感を次のように表現しています。
I'm frightened of eggs, worse than frightened, they revolt me. That white round thing without any holes have you ever seen anything more revolting than an egg yolk breaking and spilling its yellow liquid? Blood is jolly, red. But egg yolk is yellow, revolting. I've never tasted it.
(私は卵が怖い、というかそれ以上にぞっとしてしまう。あの白い丸いものには穴もないが、割れて黄色の液体が流れ出るのを見る以上にぞっとさせるものを見た人はいるのかな?血の色は陽気な赤だ。しかし卵の黄身は黄色でぞっとする。私はそれを食べたことはない。)
とにかく卵が割れて黄身がどろっとするのは彼にとって血を見るより全然ダメみたいですね。

ヒッチコックはこのようにいくつかのものに恐怖を感じていましたが、周りの人に恐怖を与えるのを忘れたりはしませんでした。個人個人の苦手なものに合わせて蜘蛛やねずみでいっぱいの箱をプレゼントしていたそうです。

<注>上記の写真は、Alfred Hitchcock: Master of Suspense(Amazon.co.jp) から引用しました。


<All About関連>
雷・飛行機・・・苦手が高じると
内気な自分に悩む時
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項