心の病気的万引き常習―クレプトマニア

数年前に、ハリウッドの有名女優がビバリーヒルズの店で万引きして逮捕といった事がありましたが、万引きして、つかまったところ、「まさかこんな人が万引きするなんて……」というケースがありますね。お金に困っているわけでもなさそうなのに、「どうして??」と思わずにはいられません。

心の病気的、万引き常習は、クレプトマニアと呼ばれ、金銭的に困っている訳でもなく、別に、欲しくもない物を、盗まなくては、いられない衝動の為に、盗んでしまいます。

※クレプトマニア:ギリシャ語のクレプト(盗み)、マニア(心の異常)を組み合わせた造語で19世紀に作られました。

クレプトマニアの特徴

盗む前には緊張が高まり、落ち着かなくなりますが、盗みを行うと、快感が生じ、緊張から開放されます。しかし、快感は長くは続かず、すぐ後悔し、罪の意識に悩まされたりします。

クレプトマニアは、女性に多く、他の心の病気の合併(うつ病、過食症など)が多く見られます。頻度は、万引き全体の5%以下と言われてます。

典型的なクレプトマニアの例

ある女性がお店に入ったところ、置いてあるブラウスをみて、急に、落ち着かず、いてもたってもいられなくなりました。そのブラウスは、彼女の好きな色でも、趣味でもなく、なおかつ、サイズもあいません。しかし、衝動的に欲しさのあまり、買い物袋にいれて盗みを働いてしまいました。

盗みを終えると、彼女はすっきりした様子で、そのまま、出口へと向かい、店を出ると、ゴミ箱に盗んだものをポイと捨てて行ってしまいました。


クレプトマニアの治療法

クレプトマニアは、稀な疾患ですが、治癒は可能です。

治療としては、行動療法や、盗みの衝動を抑える目的でSSRIと呼ばれる薬物の投与などが行われています。

行動療法では、盗もうと思うと、痛みや吐き気といった不快な感覚が呼び起こされるように、本人を訓練し、いざ、お店で、物を取りたい衝動が起きても、これらの不快な感覚が呼び覚まされて、盗みを思いとどめようとします。

思い当たる節のある方は、一人で思い悩まずに精神科(神経科)に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

■関連記事
買い物も度を過ぎたら…中毒!?-買いたい衝動のコントロールに問題があります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項