夫婦でも距離が離れれば関係は冷める

結婚しているのに、「会わない関係」になっていませんか?
結婚しているのに、「会わない関係」になっていませんか?
ところで、男女が結婚する確率は、お互いの物理的な距離が近いほど高くなり、離れているほど低くなるという説があります。これを「ボッサードの法則」と言います。

そればかりでなく、結婚していてもお互いの物理的距離が離れていると、愛情が冷めやすくなるようです。実際、単身赴任や出張の多い生活では、愛情はやはり冷めやすくなるものです。

また、一緒に暮らしていても、帰りが遅かったり休日に家を空けることが多くなると、愛情は冷めやすくなります。会わないことは、物理的距離が離れていることと変わらないからです。

そんなとき、もし身近に時間や気持ちを共有する異性が現れたら? 「ロミオとジュリエット効果」も相まって、道ならぬ恋へのトキメキに燃え上がる……なんてこともあるかもしれません。


大切な人を温めていますか?

「宝物」を大切にできない人が、次の相手と幸せになれますか?
「宝物」を大切にできない人が、次の相手と幸せになれますか?
このように、男女の愛情というのはちょっとしたことで火が付きやすく、また崩れやすいものです。

しかし、どうして男女は一緒にい続けるのか、そもそもの目的を振り返ってみると、それは一緒にいることで、安心や居場所を得たいからでしょう。

それを与えてくれる人は、「宝物」のように大事にしなければ、後々自分を苦しめることになります。地道ですが、いつも相手に関心を持ち、距離を縮めることがやっぱり必要なのですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項