ストレスを癒し元気を取り戻す場にもなる家庭・家族

うつ状態の家族に寄り添うイメージ

大切な家族が落ち込んでいるのを見るのはつらいこと。大切は「見守る」技術とは?

外で受けたストレスを癒し、元気と笑顔を取り戻すための場所——それが「家庭」。「幸せ」は心でぼんやりと感じる「ほの温かい感覚」。それは毎日の積み重ねによって育まれます。

では、この「ほの温かい感覚」を家族みんなが持ち続けるために必要なのは、どんなことでしょう? そのひとつに「見守る技術」があります。
 

「見守る」とは? 束縛しすぎず、いざというときに守る技術 

「見守るって、見ているだけとどう違うの?」「見守っているうちに、取り返しがつかなくなったらどうするの?」と疑問に感じる人も多いでしょう。

「見守る」とは相手の無事を祈りながら、しばらくなりゆきを見ていくこと。そして「危ない!」と思ったときには、すぐに相手を守ること。家族の場合、普段は互いを束縛しすぎずに楽しく過ごし、危険を察知したときには、いちばんに守り合うことなのです。
 

家族に必要な「見守る技術」5つのポイント

家庭の幸せを守るには、見守る技術をどのように発揮していけばいいのでしょう? 次の5つのポイントを参考にしてみてください。

1.  「いつもの様子」との違いを毎日よく観察する
体調に変化がないか、ストレスがたまっていないか、互いを観察しながら感じるようにしましょう。特に大切なのは次の4点です。
  • 朝の気分の変調はないか……起きられない、食欲がない
  • 帰宅時間に変化はないか……仕事や勉強で毎晩遅くまで家に帰れない
  • 睡眠の変化はないか……就寝時間の遅さ、眠りの深さの変化
  • 休日の過ごし方に変化はないか……1日中寝ている、外出を極端に嫌がっている

2. 元気がないときはすぐに声をかける
互いの小さな変化に対して、すぐに「体調が悪いみたいね」「大丈夫?」などと声をかけあいましょう。「ちょっといつもと違うな」と感じたときに声をかけあうことで、心の危機を防ぐことができます。

3. 気分を「楽」にすることを考える
気分を盛り上げようと、家族の意向を聞かずに外出の予定を立てないこと。いつもの生活の中で、気分や体を楽にできることを考えましょう。たとえば、体が疲れてしんどそうなら、普段はやらない家事を手伝う。これだけでも、家族を楽にしてあげることができます。

4. 気分が「ちょっと元気」になるものを用意する
落ち込んだ家族にはスイーツやブーケなど、気分が「ちょっと元気」になり、思わず笑みが浮かぶものを用意してみましょう。その好意につらい気持ちが少し軽くなるでしょう。

5. 家族がつらいときには自分の楽しみは控えめに
家族がつらいときにはできるだけ早く帰り、一緒に過ごすようにしましょう。とはいえ、テレビばかり見ているようでは、意味がありません。家事を手伝うなど、相手が楽になることをしましょう。

「見守る技術」は、相手が少し調子が悪いときに効果を発揮します。元気なときには互いに自由に過ごし、つらいときには味方になる。このようなスタンスこそ、家庭の幸せを守るために必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項