欧米では、鹿肉はジビエ(狩猟肉)のひとつです。

欧米では、鹿肉はジビエ(狩猟肉)のひとつ

欧米では、「鹿肉」は「Venison(ベニスン)」と呼ばれフレンチレストランなどでジビエとしていただけます。和食店でもたまに鹿肉をいただくこともあります。

数年前からエゾジカなどの国産鹿肉の話題をよく耳にするようになったと思っていましたが、長野県や丹波の篠山なども、積極的に鹿肉の流通や体制作りを進めています。

低カロリーで高タンパク質、鉄分も豊富な鹿肉

鹿肉がヘルシーだと言われているのはどういう点でしょうか。下の表のように、牛や豚の部位の中でも比較的ヘルシーだと言われるヒレの部分と同様に脂肪が少なく、低カロリーで、しかも高タンパク、ミネラルなども多く含まれています。
鹿肉は、牛や札のヒレ肉並みに低カロリーで、高いタンパク質、ミネラルも多く、ダイエットや健康に関心のある人には注目のお肉です。

鹿肉は、牛や札のヒレ肉並みに低カロリーで、高タンパク質。ミネラルも多く、ダイエットや健康に関心のある人には注目のお肉の一つです。

シカは、基本的に野生なので家畜よりも運動量が多く、また餌も自然界にあるものなのでメタボなシカはいません。牛肉同様に鉄分も多く含まれています。私も何度かいただいたことがありますが、肉質も淡白で柔らかく食べやすいのが特徴。健康志向の方にはおすすめのお肉と言えそうです。