春も間近、なにかと外出が増えたり、薄着になっていく季節ですね。自分の体型や体質を、リンゴやバナナなどのフルーツに例えたダイエット法がありますが、漢方でも同じように分類することができるのですよ。ということで今回は、漢方で考える「体質別ダイエット法」に迫ります!

自分の太り方をチェックしてみよう!

イメージ
タイプ別の代謝アップ作戦で、健康的に美しくなれるのが「漢方ダイエット」の特長です!
漢方でダイエットを成功させるコツは、「自分の体質を知る」ことが一番のポイントです。ここでは代表的なタイプを「りんご型」と「洋なし型」にわけ、具体的な特徴をそれぞれまとめてみました。


りんご型(固太りタイプ)
□ 体力がある
□ 赤ら顔・肌荒れが気になる
□ 脂っこいもの・甘いものが好き
□ 汗をかきやすい
□ 着太りするほう
□ 便秘ぎみ

洋なし型(水太りタイプ)
□ 疲れやすい
□ 顔色が悪かったり、白っぽい
□ 水を飲んでも太る
□ 冷え性である
□ むくみやすい
□ 筋肉があまりない


一般的にりんご型は内臓脂肪、つまりお腹周りを中心に脂肪がついているタイプとなります。一方、洋なし型は皮下脂肪が多く、下半身太りタイプです。

では次のページで、タイプ別おすすめ食材や、対策法をご紹介しましょう!