プールから出た後のケアが重要

シャワーやうがいをすることで、塩素を減らす
何よりも、体についた塩素を落とすことが大切です。
  • 皮膚:シャワーでしっかりと体を洗う
  • 目:目も流水でしっかりと洗いましょう
  • のど:うがいがお勧めです

このように、ついた塩素を洗い流すことで、塩素の影響を少なくすることができます。

プール中も、休んだり、うがいをしたり、シャワーを浴びたり、飲食することで、のどや目、体についた塩素を時々流しておきましょう。

プールでうつるプール熱にも、うがいは大切です。(プール熱・はやり目の原因は?を参考にしてください)

プールでストレス解消になれば、アトピーにとってもいいことです。
子供のストレス解消!さよならストレス! アトピー治療の基本

健康のためには、運動は望ましいことですから、上手に運動していきましょう。


豆知識
塩素:塩素そのものは、特有の臭いを有する気体。非常に反応性が高く、多くの金属や有機物と反応し塩化物を形成する。代表は食塩。陰イオンとして、体にも存在。強い漂白・殺菌作用を持つ




<参考リンク先>
アトピーでも海や川に行けるの?
運動で喘息が起きるのはなぜ?運動誘発喘息
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項