●最近、落ち込むことありませんか?

秋の夜長、だんだん日が短くなりますが、憂鬱になったり、食欲が増進し、甘いものが欲しくなったり、寝過ぎてしまうということは、ありませんか?実は、これらは、季節型うつ病の症状です。季節型うつ病とはその名の通り、秋から冬にかけて、気分が落ち込み、春になると回復するという季節型のパターンを示します。

それでは、季節型うつ病の特徴をまとめてみます。

●季節型うつ病の特徴

症状としては、上記のように、気分の落ち込み、疲労感、過眠、過食、甘いものへの欲求が一般的で、秋から冬に出現し春には回復するという季節性の経過です。男女比は、女性が約8割と多く、平均年齢は、40歳位です。

治療として、今回のテーマの光療法が行われます。

●光療法

秋から冬という日照時間の短い時期に、症状が出現するので、足りない分を人工的な光で補います。毎朝、1~2時間ほど、人工の光を浴びます。患者さんは、通常、2~4日で、症状が軽減しますが、治療を中断しますと、2~4日で、元に戻ってしまいます。副作用は、頭痛、目の疲れ、イライラなどがありますが、光を浴びる時間を調節することで、コントロールできます。

●治療のメカニズム

いろいろ説はありますが、最も受けいられているのは、朝、人工的な光を浴びることによって、”遅くシフトしまった日内リズム(覚醒、睡眠の1日のリズム)”が元に戻るためだそうです。簡単に言うと、朝、眠たいのを、光を浴びて、シャキッとさせ、生体リズムを直すのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オゾン層の破壊、紫外線、皮膚癌、日焼け止めといった、日光のネガティブな面をよく耳にしますが、朝日を浴びることは、1日を気分よく過ごすために、大切ですね。上のような症状が見られましたら、精神科で、お話されるといいですね。

<All About関連>
もしかして私はうつなの?
体内時計と睡眠[睡眠・快眠]
目覚めるためには光が決め手![家庭の医学]

<関連サイト>
・UTU-NET
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項