気前のよい人の気をつけたいこと

気前のよい人は周りから良い印象を持たれることが多いでしょう。例えば、上司と食事に行って、食事代をおごってもらったら、うれしいでしょうし、ひょっとしたら、もっと仕事を頑張ろうという思いが湧いてくるかもしれません。

気前の良すぎる人には、経済的に大丈夫かなと、ちょっと心配になるかもしれませんが、財布の事情以上に気をつけたいことがあります。もしも、気前のよさの背後に、人から良く思われたいという気持ちが強い時は注意が必要です。こうした人には、以下のようなパターンがしばしば見られます。

  • 人の批判に耐えられない
  • 自分は特別な人間であると思う
  • 他人の事を気にしない
  • 嫉妬深い
  • 見下したような態度をとりやすい


  • こうしたナルシスト的傾向が強くなると、周囲の人はその人に我慢できなくなってしまいます。他人を思いやる気持ちがないと、結局は、自分も幸せにはなれないと思います。もしも、家庭や仕事上、深刻な問題が生じているなら、人格障害の可能性があり、心理療法を受けることが望ましくなります。

    とかく、お金の使い方は、その人本来の性格が出やすいものですし、周りの人も、しっかり(?)チェックしていると思います。ちょっと問題がありそうな方はご用心下さいね。


    <All About関連>
  • 大人の7人に1人は人格障害
  • 完全主義者が気を付けたい心の病気
  • 人を人として見ることができない 反社会的人格障害とは?
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項