百日咳の予防法

DPT-IPV

現在は、4種混合ワクチンで、ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオを防ぐためのワクチンです(田辺三菱製薬会社より引用)

一番の方法は予防接種です。4種混合ワクチンと呼ばれている、DPT(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)のワクチンが有効です。ホルマリンや紫外線などで処理をし、感染力や毒力をなくした病原体ないしその成分で作ったワクチンですから、1回の接種では効果不十分。卵アレルギーがあっても比較的接種できるワクチンですから、なるべっく受けておくのがよいでしょう。現在は、1期に3回、1年後に1回、2期として学童で行います。現在は、2期は2種混合ワクチンと言って、百日咳がないDT(自ジフテリア・破傷風)のワクチンです。

一方でDPTワクチンをしたからといって100%安心は出来ません。時間が経つと、再び百日咳にかかる可能性があるからです(日本小児アレルギー学会雑誌に発表)。

アトピーでの予防接種の注意点は「予防接種の注意点 特にアトピーでは」をぜひ参考にしてください。

もちろん、人から人にうつるので、流行が気になるときにはなるべく人ごみを避け、マスクをし、うがいを行うことが大切です。

百日咳の治療法

百日咳にかかってしまうと、百日咳菌に効く抗生物質(エリスロシン・クラリス・クラリシッド・ジスロマック・ミノマイシン)を内服します。内服できないときには、ペニシリン系のペントシリンの点滴を行います。

■抗生物質
  • マクロライド系抗生剤(エリスロシン・クラリシッド・クラリス・ジスロマック・リカマイシン・ミオカマイシン・ジョサマイシンなど)
  • テトラサイクリン系抗生剤(ミノマイシンなど)
しかし、咳の症状は、なかなかとれません。菌が死んでも、菌の成分で咳が続くからです。そのため、出来るだけ早く治療をしましょう。
咳に対しては、鎮咳薬や去痰薬を使います。

百日咳は、子供が小さいほど重症になり、その感染源が周りの大人になりますから、十分注意しましょう。

豆知識
テトラサイクリン系抗生剤:細菌の蛋白質を合成するのを抑制することで細菌の増殖を抑える抗生剤。殺菌よりは静菌といって、菌が増えないようにしてしだいに菌が減っていくように働く。



アトピーと病気シリーズ
【第1回】アトピーとインフルエンザ
【第2回】アトピーと嘔吐下痢
【第3回】アトピーと水虫
【第4回】プール熱・はやり目の原因は?
【第5回】風邪でアトピーが悪化する?
【第6回】アレルギーを起こすRSウイルスとは?
【第7回】麻疹(はしか)って!?  アトピーへの影響
【第8回】咳が続く…喘息?それとも百日咳

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項