百日咳の症状・診断

咳が非常にツライです
百日咳も、RSウイルスに似て、気道に感染します。
  • 咽頭(のど)→上気道炎・咽頭炎
  • 気管支→気管支炎
  • 肺→肺炎
参考程度に、「アレルギーを起こすRSウイルスとは?」と比較してみてください。

特に乳幼児に感染した場合、無呼吸を起こしたり、呼吸困難を起こすので大変です。少し大きな子でも、咳がひどい場合は、百日咳が疑われます。

百日咳は、風邪の様な症状で咳は軽い時期、咳のひどい時期、回復するまでの時期があり、すべて合わせると、100日程度がかかります。この病名の所以です。

そしてまた百日咳には特有の咳があります。

短い連続した咳が「コンコンコン」と5~10回発作的に続く「スタカット」、その後「ヒィー」と息を吸い込む「ウープ」と呼ばれる発作を繰り返します。この繰り返しを「レプリーゼ」と呼んでいます。このレプリーゼは夜間に増悪することが特徴です。一度聞くとなかなか忘れない特徴のある咳です。

百日咳を確定診断する方法には、血液検査があります。百日咳の抗体を測定します。百日咳菌には、リンパ球を増やす因子がありますので、血液検査で、リンパ球が非常に多くなります。正常が1万までですが、2万~3万以上になることが多く見られます。

次のページでは、「百日咳の予防と治療」についてご紹介します。