今回は、アトピーで他の病気になったときの対処法の第2弾として、嘔吐下痢症について説明します。特に今年はノロウイルスによる胃腸炎が多く報告されているので、注意が必要です。


そもそも嘔吐下痢症とは?

腹痛を伴う嘔吐と下痢は、辛いものです。
嘔吐下痢症の原因となるのは、「ロタウイルス」「アデノウイルス」「ノロウイルス」と言われています。今世間を騒がせている「ノロウイルス」も、代表的な原因ウイルスの一つなのです。

■嘔吐下痢症の主な症状
  • 発熱(2-3日で下がることが多い)
  • 嘔気・嘔吐

  • 下痢(ロタウイルスの場合は白色便)
  • 腹痛

  • など



アトピーで嘔吐下痢にかかった時は?


前回のインフルエンザ同様、一般的な症状の他に、アトピー特有の症状があります。症状の原因を正しく知り、効果的な対応を取りましょう。
  • 発熱のため、かゆみが増す→体を冷やす・解熱剤で下げる
  • 入浴できず、アトピーの湿疹がひどくなる→体を拭く
  • 嘔吐・下痢・食欲低下のよるビタミン不足で肌荒れ→ビタミン剤などを飲む

  • 以上のような症状と対策は、インフルエンザの時と大体同じです。

    また特徴的なことがもう一つ、

  • 下痢のため、おしりの湿疹がひどくなる→おしり洗浄が付いている便器なら、それを使う。小さな子供の場合は、オムツの場合はできるだけこまめに替えてあげる・おしりだけでも洗ってあげるのが有効

  • など



嘔吐下痢症の予防と治療

どんな病気予防にも、基本が大切。手洗い・うがいをしっかりしましょう
辛い思いをする前に、しっかりしておきたい予防。かかってしまった時には、早めの治療が肝心です。

基本的な予防法
  • 手洗い・うがいをする→特にトイレの後や食事前には手を洗う
  • 人ごみを避ける
  • 便を介してうつるので、手洗いをきちんとする
  • 食物に注意→十分に火を通したり、調理法に工夫
  • 普段から体調管理→ストレスや過労はアトピーにもよくありません(アトピーの原因を参照してください)


早めが肝心の治療法

残念ながら、嘔吐下痢症のウイルスに対する特効薬はないのです。すぐに治すことはできないので、出ている辛い症状を少し抑えたり、体へのさらなる悪影響を防いだりするしかありません。

  • 水分補給(電解質飲料などの補給)→下痢や嘔吐から水分が体から出ていくので、脱水に注意

  • 鎮痛・解熱剤(アセトアミノフェンが中心)→基本的に熱を下げているだけになります

  • 下痢止め・嘔気止め→下痢の回数を減らしたり、嘔気を抑えます

  • スキンケア→下痢便は皮膚炎を起こしますので、なるべく洗うようにします

  • など


■下痢止めについて
体は、異物を排除しようとします。下痢は、そのメカニズムによる症状の一つで、下痢によって病原体を体から出す役割があるのです。しかし、下痢の回数があまりに多いと辛いですよね。下痢止めを使って、少しでも抑えるというのも、一つの方法。とはいえ、下痢止めでもすぐには下痢は止まらないことが多いのです。

基本的には、嘔吐下痢症は、とにかく予防に努めましょう。かかった場合は、早めに医療機関を受診してください。


豆知識
ロタウイルス:レオウオルス科ロタウイルス属のウイルス。大きさは約70nm。A,B,C群の3群に分けられる。A群による下痢症が最も多い。
アデノウイルス:DNAウイルス。大きさは約80~90nm。胃腸炎だけでなく、扁桃炎・咽頭結膜熱(プール熱)・流行性角結膜炎(はやりめ)・肺炎などを起こす。
ノロウイルス:カリシウイルス科に属する小型球形ウイルス。RNAウイルス。原因として生ガキに多いといわれている。



【第1回】アトピーとインフルエンザ
【第2回】アトピーと嘔吐下痢

<参考リンク先>
冬、子どもの下痢の原因と対策(All About 子供の健康)
全国で多発!ノロウイルスの正体(All About 介護)
冬の嘔吐下痢症
ウイルス性胃腸炎
アデノウイルス感染症
ノロウイルスに関するQ&A
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項