舌のクリーニングは、しなくてもよい

歯磨きに注意しよう
舌苔が気になっても、クリーニングは、ほどほどに…
苔のように見えるからといっても、それは体からのシグナルの1つです。舌苔がどんなに汚く見えたとしても、舌クリーナーなどを使って舌の表面を強引に削り落とすようなことは、あまりお勧めしません。むしろブラシなどで強い刺激を与えると、舌の表面は簡単に傷つき、炎症を起こしてしまいます。

舌苔が大量に発生した原因は、体調や胃腸などに何らかの原因があるからとも言えます。舌のクリーニングはしなくても、体調が改善すれば、舌苔も自然に正常の状態に戻ると考えられます。

但し、介護が必要なお年寄りなどで自分で歯磨きを行なえない場合などは、舌の表面にも食べ物が残ってしまいがちです。このようなときは歯磨きと一緒に舌の表面の汚れも、軽く取ってあげましょう。




-関連サイト-
「歯磨きのうそ?ホント!」
「口腔底癌」って何?!」
「効率的な歯磨きの方法とは?」

【歯の健康 人気記事ベスト5】
 1位: 「親知らず」抜くと腫れる?腫れない?
 2位: 「肌年齢より気になる「歯年齢」をチェック!」
 3位: 「歯石を取っても虫歯になるって本当?」
 4位: 「治療済みでも虫歯が再発するわけは?」
 5位: 「歯石を取る前に知っておきたいこと!」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項