よく歯の神経を取ると歯が脆くなるとか言われますが、確かに歯の寿命が短くなるようです。でもどのくらい寿命が短くなったのか? 判りにくい歯の寿命をガイド独自の視点で人間の寿命に例えてみました。


神経抜いて被せると歯の60代!?

肌年齢ならぬ歯年齢
人目につかない場所の歯年齢、あなたは自信がありますか?
虫歯が原因で歯を抜歯するまでを人生80年で例えると、次のようなイメージになります。

■~20代 虫歯の無い健康な歯
大病の経験もなく、噛む力にもしっかり耐えて、ガッチリしています。まだまだこれから余力もたっぷり。 

■30代~ 小さな虫歯治療済みの歯

以前ちょっと病気をした経験はあるが、すぐに健康な状態を取り戻し、現在は、何の障害もなく生活している。

40代~ 神経を残したまま被せた歯
以前大きな病気をして手術などを経験し、完治した。傷跡は残ったが、日常生活には何の問題もない。

60代~ 神経を抜いて被せた歯
日常生活は健康だが、若い頃のような無理は利かない。抵抗力が衰えてきているため、病気が進行しやすく、骨が脆く骨折などの危険が高まっている。

80代~ 歯の根が折れた歯
虫歯が原因で治療を繰り返し、歯としての最後は、歯の根が縦に裂けるように折れてしまった場合です。この状態では歯を抜歯し、歯の寿命も終わりになります。
これらは、あくまで虫歯の治療を無事に繰り返すことが出来た場合です。人生と同じで、アクシデントや病気(歯周病など)などで、さらに歯の寿命は短くなります。自分の歯のままでも虫歯を治療していないと、寿命もまた縮まります。


歯のアンチエイジング 

歯年齢が60代になったとしても、お手入れや使い方によっては、まだまだ若さを取り戻すことが出来ます。具体的に次のようなことが大切です。

■歯磨きをしっかり行なう
お肌のお手入れと同様、毎日の歯磨きをしっかり行ないましょう。

■定期的にプロフェッショナルクリーニングを行なう

被せた歯は、「根元が命」です。定期的に歯石や虫歯がないかなどチェックしてもらい、専門家のケア(歯石取りなど)を受けましょう。

■歯をいたわって噛む
「よく噛んで食べる」とは、力いっぱい噛みこむことではありません。神経を抜いてある歯や、ブリッジなどがある場合、硬いものを食べる時には、少し加減しながら、回数を多く噛むようにしましょう。

歯も体の一部です。定期的チェックや、少しのいたわりで、寿命が変化する可能性が高いため、健康で若々しい歯のために、しっかりとケアするようにしましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項