以前から違和感があった歯の周辺の歯肉に突然「オデキ」の様な腫れ物が出来てなかなか治らない…。気になるけど歯肉も歯も痛くない。どうしてこんな状態が続くのか?解説します。

歯肉にできるオデキの特徴

歯肉に見つかることの多いオデキは次のような特徴があります。
歯肉のオデキ
オデキは、歯よりも5~10ミリ離れた歯肉に見つかることが多い
  • 痛みはない
    歯も歯肉もあまり痛くもなく、オデキの膨らみが少し気になる程度です。

  • 場所は歯肉にできる
    歯肉にオデキのような腫れ物が出来る時には、歯と歯肉の境目から歯の根の方向に5~10ミリの場所に出来るのをよく見かけます。
    歯肉のオデキの形
    大きくなるとプクッと膨らみ先端から膿が出ていることもよくあります。
  • 形は「肉まん」型
    オデキは、「肉まん」型の山のような盛り上がりで、直径は1~5ミリ程度と小さなものです。大きくなると全体が腫れてしまうため、10ミリ以上の大きなものはまれです。

  • 押すと膿が飛び出す
    山の頂上部分には、小さな穴が開いて、山の周囲を舌や指で押すと中から液体(膿)が出てきます。

  • 時々大きさが変化する
    疲れが溜まったりすると大きくなったり、腫れたりしますが、しばらくそのままにしておくと元の大きさに戻ったりを繰り返します。


腫れたり元に戻ったりを繰り返すオデキはまるで「火山」のようなものです。普段は、内部のマグマ(膿)が溜まらないように少しづつ膿を外に流し続けています。しかし膿の通り道が何らかの原因で、詰まってしまったりすると、突然噴火を起こし膿を一度に排出します。

オデキの奥の方にはちゃんと膿を溜めておくマグマ溜まりのような場所もあります。膿が出るような状態になると、自然に治ることは、ほとんどありません。場合によっては十年以上もオデキがそのままになっていることもあります。

次のページでは、歯肉にで来たオデキの原因は?に続きます