最近では、オーラルケアの一環として、病院などで定期的に歯石を取ることが一般的になりつつあります。でも定期的な歯石取りを行なっていたのに、虫歯が出来ていたなんていう経験はありませんか?  歯石を取っていても虫歯になってしまうことについて、ガイドが解説します。


歯石と虫歯は関係とは?

ミュータンス菌
一般的に虫歯はプラークが、歯周病は歯石が関連することが多い
歯石は唾液中のカルシウムなどが歯の表面に沈着して石灰化したため、石のようにに硬くなった状態です。

実は硬い歯石よりも柔らかい歯垢の方が、細菌は活動的になっているのです。そのため歯石が歯に付いたからといって歯石のすぐ下の歯に虫歯の穴が開くことはめったにありません。

虫歯は、歯石よりもずっと柔らかいプラークと呼ばれる細菌の塊などが歯に付着して、歯の表面を溶かして内部に穴を開けます。特に歯と歯の間など歯ブラシなどが届きにくい場所などはプラークが少量でも、長期間付着すると虫歯になってしまいます。虫歯の原因は、歯石ではなく、歯に付いたプラークが原因なのです。


それでも歯石取るわけは?

皆さんが定期的にクリーニングしている歯石は、歯の根元の部分(歯と歯茎の境目)に付着します。歯石の表面は、歯に比べて、ざらざらとしているために、歯周病菌などが繁殖する絶好の住みかとなります。

そして歯石の表面が歯茎に接触すると、そこから歯周病菌の影響で歯茎が炎症を起こし歯周病へと進行していきます。

もし歯石が歯に付いていても歯茎にまったく接触していなければ、歯周病にはなりません。しかし歯石はほとんどの場合、歯と歯茎の境目付近に出来てきます。このため歯周病予防のために歯石取りは大変重要になってくるのです。


定期健診のメリットとは?

定期的な健診は歯石を取ること以外にも、次のようなメリットがあります。

磨き残しの癖を理解できる
自分のブラッシングの癖や、磨き残しを短い期間で指摘してもらえるため、歯並びなどに適したブラッシングの改善が可能です。

■無症状の虫歯や歯周病が治療できる
痛みや腫れが出てから病院に行くケースでは、すでに病状が進行してしまっているケースがほとんどです。虫歯を完全に予防することは難しくても、早期の段階で治療を行なえばそれだけ負担が少なくて済みます。

治療よりも予防を中心に考えるようになる
歯周病や虫歯がなければ、煩雑な治療を行なう必要はありません。そのためどう治すかではなく、どうすれば虫歯や歯周病にならないか? といった予防について考えることが出来るようになります。

歯のトラブルは外から見えないため、ちょっとした不具合などは、痛みがなければ病院に行くのを先送りしがちです。しかし定期健診を利用して、治療に行くのではなく、予防に行くように切り替えれば、病院での治療の心配をしなくても済むようになれるはずです。 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項