Q4. 目の乾きの予防法は?

A .体調、作業姿勢、作業環境、生活環境などの要因を見直すことが大切です。意識的まばたきなどは、簡単ですが効果的なので、普段からできるだけとりいれたいものです。すでにドライアイの場合は、早めに眼科医による治療を受けてください。

  • 意識的にまばたきをする。
  • 作業の合間に、定期的に休憩や休止をいれて緊張をほぐす。
  • モニター画面を少し見下ろす位置に設置する。
  • オフィス室内の湿度を調整する。乾燥させすぎない、加湿器を使う。
  • 送風口の近くで作業しない。
  • また送風が顔を直撃しないように調整する。
  • 夜遅くまでの残業を減らす。
  • 夜型の生活を改める。
  • 目にスチームパックをする。
  • 近距離を見るためのメガネを使用する。
  • デスクライトの電球光が直接目にはいらないように設置する。


    Q5. ドライアイの治療は?

    A .ドライアイは眼科医による診断と治療が必要です。治療手段としては

  • 点眼薬
  • 涙点プラグ
  • ドライアイ用ゴーグル使用
    これらの使用が一般的です。詳細は下記の記事を参考ください。

    All About関連記事:ドライアイをどう治す?[目の健康]

    *All About 「目の健康」記事*
    <ドライアイシリーズ>
    【第1回】ドライアイとは?
    【第2回】ドライアイになりやすい人とは?
    【第3回】ドライアイをどう治す?

    【目の健康 オススメ人気記事】
     1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
     2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
     3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
     4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
     5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」


  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項