Q2. 目が乾くと、どんな影響があるの?

A .いつもは角膜や結膜(白目部分)を覆っている涙が不足することで、表面に傷をつけたり、炎症がおこりやすくなります。一定量以上の涙の保持は、絶対的に必要なことなのです。

まばたきの減少や、涙の質や量の変化により、涙が一定以上減少し、目の表面にドライスポットという乾燥部分ができて角膜や結膜に傷がついたり炎症が起こることを、ドライアイといいます。目が乾くドライアイは、眼精疲労と併発しやすい疾患です。ドライアイにより目が疲れやすくなる場合もあります。

目の乾き・ドライアイの自覚症状としては
  • 目が充血しやすい
  • 目が乾いた感じがする
  • 目がなんとなく不快
  • 目が重く感じる
  • 目がゴロゴロする
  • 目が疲れやすくなる


    Q3. 涙が出る経路の仕組みってどうなっているの?

    涙の経路


    上まぶたの外にある骨の内側に涙のバッグともいうべき涙腺があります。そこから分泌された涙は、目を潤した後、2ヶ所の穴、涙点から流れ込み、鼻の奥の粘膜から吸収されます。泣いたときに鼻水が出るのは、吸収力オーバーの水分があふれたからです。

    目の乾きの予防法は?