いつも通りにすごしていたら、目の回復に悪影響をあたえることとは?手術後の目の回復のため に、眼科手術後に気をつけたい、ちょっとした生活の注意点をご紹介しましょう。

眼科手術
手術の準備は十分でも、その後のケアが 問題

忘れてはいけない注意リスト!


(1)点眼を忘れる: 手術後の眼は大変デリケートな状態。必ず指示された処方で、 点眼を忘れないように。複数の目薬を処方された場合、つける順番は、決まっていないが、つけ るときはそれぞれ5分以上あけてつける。

(2)眼球の運動: 眼をキョロキョロ動かして、鏡で状態をながめたりすると手術 部分に無理な負担がかかり、回復に悪影響を与えることがあるので避ける。

(3)目に水がはいる: 水道水には塩素など目に刺激となる成分が含まれています し、涙の保護成分を含む粘液を眼の表面から流してしまう可能性がありますから、目にいれるこ とを防ぐ必要があります。手術後の1週間は、もし目に水がはいったら、すぐに抗生剤の点眼液 (クラビット点眼液、ガチフロ点眼液、ベガモックス点眼液など)を1滴点眼。

(4)コンタクトレンズ装用: コンタクトは目にとって異物ですが、手術直後はな おさら手術で傷ついている眼球に装用は厳禁。当面、メガネを使いましょう。手術内容によって も異なりますが、通常3か月は装用を避けるようにします。担当の医師に相談しましょう。

(5)アイメイク: 特にアイラインやマスカラを使うメイクは、目に異物がはいる 可能性が高いので最低1週間から1カ月は避けます。そしてアイシャドウなども、メイク中にパ ウダーなどが目にはいることがありますのでひかえめに。

(6)車の運転: 横を見たり、振り向いたりして目に負担をかけるので、やむをえ ない場合をのぞき、最低1週間は避ける。また、テニス、ゴルフ、ウォーキング、プールなども 医師の指導に従い一定期間ひかえる。

(7)飲酒: アルコールは血管を膨張させて、手術の傷口から出血しやすくなるの で、手術当日の禁酒はもちろん、1週間はできるだけがまんする。

上記のような厳禁事項を守り、手術後の少なくとも1週間は、安静にして健康的な生活をおくり 、迅速に回復するように心がけましょう!

※施術を行う医療機関により、また症状や手術内容により、指導が異なることがありますので、 心配な場合は担当医師に連絡をとり確認することをおすすめします。


<眼科手術シリーズ>
はじめての眼科手術前に確認したいこと[目の健康]
知っておきたい眼科手術直後の注意点[目の健康]
眼科手術後にしてはいけない7カ条[目の健康]
白内障/緑内障/飛蚊 症[目の健康]


【目の健康 オススメ人気記事】
1位:「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
2位:「まぶたのピクピクを治すには?」
3位:「オフィスで1分!癒しの無料動画」
4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項