「老化は運動不足から」といわれます。肥満から、高脂血症、高血圧症、糖尿病などに罹患するばかりではありません。筋肉や瞬発力が弱って転倒しやすくなったり、外出がおっくうになって、自宅に閉じこもりがちになったり。寝たり起きたりの生活から、そのまま認知症に発展するケースも少なくありません。

あなたの「運動不足中毒症」度は!?

階段を上るのでさえおっくう…そんな人が要介護予備軍に!?
「運動不足中毒症」という言葉をご存知でしょうか。かつては「マネージャー病」といわれ、管理職によく見られた症状でした。一日中机の前に座りハンコばかりついているために、体を動かさなくなってしまうのです。しかし、OA化が進んだ今日では管理職に限らず、運動不足に陥りがち。作業はすべてパソコンでおこない、移動は車で――これでは、運動不足に陥ってしまうのも道理というものです。

「運動不足中毒症」の人は、実際は運動不足なのに、自覚していない場合が圧倒的に多いようです。「いつも重い荷物を持って歩いているから大丈夫」「階段を上がり降りしているから心配ない」などと言い訳するのですが、実際には、ほとんど体を動かしていなかったりするのです。

それでは、どんな人が「運動不足中毒症」といえるのでしょうか。次のチェックリストで、該当項目が多い人は注意しましょう。

□歩くのは面倒だ
□階段よりエスカレーターを使う
□坂道を登ると息が切れる
□できるだけ車を使う
□つい前かがみの姿勢で歩いてしまう
□電車やバスでは空席を探してしまう
□立ちあがるとき、つい「よっこらしょ」と言ってしまう
□体が重い感じがする
□休日はごろごろしている
□スポーツはとくにしない
□何をするにもぐずぐすしている
(参考:定年の前と後の生活実用百科 法研)

めざせ!ウォーキングで300キロカロリー消費


さて、いかがでしたか。「運動不足中毒症」にあてはまる人は、さっそく運動習慣を身につけましょう。理想は一日300キロカロリーを消耗する程度の運動。まずおすすめしたいのが、ウォーキングです。ちなみにウォーキングによる消費カロリーは、以下のように計算します。

0.5×歩いた距離(km)×体重(kg)

体重60kgの人が一日4km歩くと、120キロカロリー分を消費できるというわけです。一日4kmというと、ちょっと大変な距離ですが、出勤や帰宅時、一駅手前で電車を降りて歩くなど工夫してみましょう。「そんなに歩く時間なんてないよ」という方には、月星化成の新商品『ワールドマーチ』の「カロリーウォーク」がおすすめ。

反発力の低いインソールと衝撃吸収効果の高いミッドソールにより、「砂の上を歩くような効果」を実現。通常より筋肉やエネルギーを使うため、短時間でより高い効果が期待できます。さらにバージョンアップした新モデルは、レディース向けが2005年12月下旬に、紳士向けが2006年2月下旬に発売される予定です。


このほか、「仕事の合間などにストレッチする」「なるべく階段を使う」「風呂掃除など、家事を積極的に手伝う」など、こまめに体を動かすよう心がけて。すっかり横着になった体に喝を入れるつもりで、なるべくテキパキ動きましょう。介護予防は、脱・運動不足中毒症から。第二の人生、寝込まずボケず、生き生きと過ごしたいですね。

(参考:定年の前と後の生活実用百科 法研)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項