寝たきりの生活では、1日3~5%の筋力が落ちていきます

ちょっとした不調がもとで寝込んだら、そのまま寝たきりになってしまった――。そんな話を耳にすることはありませんか?「寝たきり」が起こす、心身機能の低下を「廃用症候群」と呼びます。体を動かさずにいることで、筋肉や骨、血圧、肺機能、消化機能などあらゆる機能が衰えていってしまうのです。



「海外には『寝たきり』に当たる言葉はない」という事実をご存知ですか?どんなお年よりも死の直前まで、立ち歩いたり座ったりして一日を過ごしているのだそうです。日本では、些細な不調でも「安静第一」とばかりに、病人を寝かせる風潮がありますが、その弊害はけっして小さくありません。では、寝たきりで起こる、心身のトラブル「廃用症候群」にはどんなものがあるのでしょうか。

1.関節が固まる


関節を動かさずにいると数日で拘縮が始まり、なんと一ヶ月で関節が固まってしまうそう。膝や足首が硬くなれば、歩きにくくなるし、転倒もしやすくなります。また、手指の関節が拘縮すると、食事、洗面といった日常所作が難しくなります。こうして、「出歩かない」「自分の事が自分でできない」などなど、生活面での支障が目立つように。

2.筋肉が縮む


筋肉をまったく使わないと、1日で3~5%の筋力が落ちるそうです。一ヶ月経つと、なんと歩行も不可能に。体を支えきれず転びやすくなるばかりでなく、骨折もしやすくなります。

3.骨が折れる


骨は一定の力をかけることによって強まるもの。反対に、ずっと体重をかけずにいると弱まってしまいます。その結果、ちょっと抱きかかえただけで肋骨が折れたり、体の重みで背骨がつぶれたり――といった事故が起こります。

4.血圧、心肺機能、消化機能が低下


通常、血圧は、血流が足に滞らないよう、調節されています。ところが、寝たきりでつねにこの機能が働かずにいると、やがて低下し立ちくらみなどを起こすようになります。このほか、心肺機能が衰え、動悸や息切れといった症状も現れるように。消化機能が衰え、食欲低下、便秘などのトラブルも起こりやすくなります。

廃用症候群の症状はこれだけではありません!


さて、このように廃用症候群が全身に及ぶと、やがて体を動かすこと自体、おっくうになっていってしまいます。生活全般に対する意欲が低下するばかりでなく、人とのコミュニケーションも避けるように。気がついたときには、完全な認知症となっているケースも少なくありません。


通常の風邪程度なら、一日、ベッドで安静にしている必要はないとされています。暖かな場所で座ってすごすなどして、体力を消耗しない程度に、起きていてもらいましょう。他の病気の場合は、主治医と相談のうえ、安静時間を決めるようにします。治ったら早めに床上げし、通常の生活に戻すようにしてくださいね。

<参考資料>
老人介護の安心百科 主婦と生活社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項