効率の良い運動でお腹のたるみを撃退

ジョギング
ジョギングやウォーキングも有効な手段です。
鏡よ鏡?! 鏡の前に立ったとき、一見してお腹が出てきたなという方、どうぞご注意を!解消するのに最も有効な方法はやはり運動です。夕食後に20~30分ぐらいかけて、ゆっくりと歩いてみてください。毎日続けることで、少しずつですが確実に脂肪を燃焼することができます。ジョギングも効果的ですが、続けることはなかなか難しいですよね。ご自分でできそうな簡単なことから少しずつ始めましょう。腹筋運動も有効な手段ですが、息を止めてうーん! と頑張ってしまうと脳血管に負担がかかってしまいます。腹筋運動を行ってみようという方は、以下の点に注意してください。


■腹筋運動のポイント
  • 無理をせず、上体を起こした楽な運動から始めること
  • 腕を頭の後ろで組み、肘を広げた状態で行うと効果的(ただし、ちょっときついかも……)
  • 肉やアミノ酸を摂取した後で行うとやや筋力がつきやすい
  • 身体に負担となるため、午前中は行わない
  • 1日の回数を決めておく(20~30回が目安)

何よりもお勧めしたいのは水泳です。水泳は全身の筋肉を使う運動ですので、まんべんなく体を動かすことができます。また、平地で行う場合と比べて体重の負担が激減しますので、肥満体型の方や膝などの関節痛がある方、50代以降で初めて運動をする方も安全に行うことができます。水の中を歩くだけでも様々な効果が期待できますので、週に1度定期的に続けることで筋肉が強くなり、脂肪も自然と燃焼しやすくなるのです。心臓や肺の機能もアップしますので、水泳をきっかけに他のスポーツを始めるというのもいいですね。

1ヶ月もしないうちに体型も整ってきますので、お子さんやお孫さんと買い物やデートに出かけても格好よく見られますよ!


コミュニケーションで心の若さをキープする

コミュニケーション
井戸端会議や、夫婦の会話は心の若さにとって大切なことです。
「あの人、若いよね」こんな評判のある方がお知り合いに数人はいらっしゃると思います。この場合の「若い」とは周囲からの「活動面」の評価ですが、事実その人は「若い」と考えられます。なぜかというと、社交的な方はたえず新しい話題を探すことが多く、新鮮な刺激を受けた脳の細胞同士の伝達回路が成長するためです。

私は目立つことが苦手で……という紳士淑女の皆様、どうぞご安心を。 周りをリードするタイプの方でなくとも、本や新聞を読んで新しい知識を蓄えることで脳に刺激を与えるという方法があります。もっと簡単なのは、普段から夫婦、家族はもちろん、様々な人達と様々な内容について会話をすることです。興味のなかったことや経験のないことこそ、新鮮な刺激を脳に与えてくれますので、積極的に会話に参加するように心がけてください。物忘れの防止につながるだけでなく、ウイットやエスプリにとんだ会話を楽しむことも健康の秘訣です。


最後にこれだけは避けて欲しいことが1つだけあります。それは「もうこの年だから」と納得してしまうことです。人生の先輩方に進言するのはおこがましいかもしれませんが、これだけ豊かな日本を築かれた方たちだからこそ、更に活躍して充実した毎日を送っていただきたいのです。

【関連リンク】
スキンケアお悩みQ&A ハリ・たるみ
50代からのお肌の悩みを解決 from [スキンケア] All About
多くの日本人が摂っているサプリメントは?!
人気の高いサプリメントランキングをチェック from [サプリメント・健康食品] All About
DHCのサプリメント
品質の高いサプリメントはこちらからどうぞ from DHC

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項