クルクミンやウコンをとるときの注意点


・油と一緒にとれば吸収率UP
ウコンなどのサプリメントやエキスは手軽に摂取できますが、クルクミンは水よりも油に溶けやすい色素ですから、油と一緒にとる方が吸収がよくなります。カレーは、理にかなった食べ方と言えるでしょう。

でも一般的なビーフやポークカレーは、カロリーが高めになりますから、気になるなーという方は野菜をメインにしたベジカレーがおすすめです。季節の野菜を盛り込んで作ってください。

もちろんこのような報告でアルツハイマー予防のためにカレーばかり食べる人はいないと思いますが、かたよった食事をすることは感心しません。

報告にもあるようにポリフェノールやローズマリーにも同様の効果があるのですから、今後も効果のある食品や成分が解明されるかもしれません。あくまで自然の恵みである食べ物は、我々人間が健やかに生きるための糧であり、すばらしい薬効があることに感謝していただく。これが基本でしょう。

*ご注意
サプリメントなどを利用する場合、妊婦さんや胆石、肝臓病等、なんらかの疾患のある方は、必ず医師などに相談してください!


■関連リンク
アルツハイマー病について
アルツハイマー病予防に和食!(食と健康)
アルツハイマーは昼寝で予防!(介護)
カレーについて
簡単ベジカレーで、夏ばて解消!!(食と健康)
カレーは忙しい現代人の完全食(家庭の医学)
活性酸素について
活性酸素を食べ物で退治!!(食と健康)
ファイトケミカルで免疫力UP(食と健康)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。