【栄養素を漏れなく摂取できる献立とは】

忙しいとつい食事を簡単にすましがちですが、蛋白質(アミノ酸)、ビタミン、ミネラルは、一日の必要量が決っています。

「毎食」、「それぞれ」、「漏れなく」これらの栄養素を摂取すべきという考え方に基づいているのが『給食』。その献立のうち、人気の高い献立の一つが完全食カレーライスです。

今回は、日本においてのカレーライスの起源と、栄養価について考えてみましょう。


【日本のカレーの起源】

日本のカレーはインド料理と直接関係がないことは良く知られていることですが、それでは日本のカレーはどのように考案されたのでしょう?

時をさかのぼること明治時代。帝国海軍は英国海軍を手本としていました。食についても英国海軍の献立を模倣していたのですが、その中のカレー風味のシチュウが日本のカレーの起源です。

現在の海上自衛隊の金曜日の昼食がカレーライスなのはその名残ですね。港町の横須賀では、海軍カレーが町起こしに役立っています。


【栄養価から見たカレー】

現在日本でよく食べられている欧風(英国風)カレーは、肉、タマネギ、人参、ジャガイモ を煮込んだものです。それでは、それぞれの材料について解説していきましょう!



【カレーの材料と働き】
蛋白質、葉酸以外のビタミンB群を含みます
タマネギアリシンという成分が重要で、肉が多く含むビタミンB1の吸収を助けます
人参緑黄色野菜の代表でビタミンAの元となるβカロテンを多く含みます
ジャガイモビタミンCを供給します。ビタミンCは、加熱に弱いビタミンです。ジャガイモの澱粉の間のビタミンCは加熱しても安定しています。他に食物繊維も豊富です。


カレーライスで不足するのは、カルシウムと葉酸ぐらいです。

【給食カレーと海上自衛隊カレー】

学校給食では、カルシウムを補うために牛乳を、葉酸を補うためにサラダを、加えた三点盛りです。

海上自衛隊では、牛乳とサラダに、さらに蛋白質を加えるために卵を、ビタミンCを加えるために果物加えて、五点 盛りです。学校給食のカレーも海上自衛隊のカレーも栄養素の漏れのない完全食です。

これならご家庭でも実践できそうですね!


【レトルトカレーも工夫で完全食に】

ところで、カレーといえばおなじみ『レトルトカレー』。料理を作るのが面倒くさいという日には大活躍ですね。レトルトカレーは、内容量が200g前後です。量的に見ると少ないですね。また、蛋白質は10g以下です。
ごはん+レトルトカレー1袋では栄養学的にはちょっと不完全です。
実はこの『レトルトカレー』も冷蔵庫の食材を加えて簡単に完全食に変身させられるのです。まずは、下記の食材があるかどうか冷蔵庫のチェックをしてみましょう。

【レトルトカレーを完全食にする食材】
質のよい蛋白質を含みます。冷蔵庫に常備してありますね!
チーズ・ヨーグルト乳製品。蛋白質とカルシウムを含みます
柑橘類のジュースビタミンCが摂取できます
ビール葉酸は、葉物がないと取る事ができませんがビールを飲むと摂取可能です


レトルトカレー+(卵)+チーズ(ヨーグルト)+(ジュース)+(ビール)で、『レトルトカレー』でもお手軽に完全食の完成です。



【普段の食生活から健康維持】
*生活習慣病に『蕎麦』で打ち勝つ

*ランチメニューで選ぶならご飯を

*ビタミンB群の補給にはビール!

*豆腐で乳癌・前立腺癌の予防
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項