カレーのスパイスであり、肝臓の働きを助け、二日酔い予防効果などで人気のあるウコン。そのウコンの主成分クルクミンに、アルツハイマーを予防するという報告がありました。
<CONTENTS>
  • クルクミンは脳の神経細胞を保護……p.1
  • クルクミンのその他の効用……p.2
  • クルクミンは油ととれば吸収率UP……p.3

    クルクミン
    *カレーには欠かせないウコンの主成分、クルクミン。

    クルクミンは、脳の神経細胞を保護

    以前アルツハイマー病予防のためには和食がおすすめという記事を書きましたが、伝統的なインド料理にもおすすめ素材がありました。

    伝統的にウコンを使ったカレーを食べているインド人は、米国人と比較してアルツハイマー病発症率が、なんと4分の1程度なのだそうです。そういうところに着目して研究されたのが今回のクルクミンの報告です。

    カレーに必要不可欠なスパイス、ウコン。そのウコンに含まれる色素成分「クルクミン」が、アルツハイマー病の原因となる物質の生成を防ぐ効果があると、金沢大大学院の山田正仁教授(神経内科)と小野賢二郎医師らが研究報告しました。

    アルツハイマー病は、脳内で「アミロイドベータ(Aβ)」という物質が神経細胞を殺してしまうために、痴呆がおこります。研究チームによると、「Aβ」を含む溶液にクルクミンを加えると、神経細胞が守られることを確認されました。これは、赤ワインに含まれるポリフェノールや、ハーブのローズマリーでも同様の効果が得られるそうです。

    またクルクミンを混ぜた餌で育てたマウスは発症しにくいというデータも明らかにされています。研究チームは「クルクミンにアルツハイマー病を防ぐ直接の効果があることがわかった。食生活の改善で発症を遅らせらることができるかもしれない」としています。

    クルクミンの他の効用については、次のページで・・・。>>