コンサルティング業界の給与・年収相場


コンサルティング業界の給与は魅力的な水準

コンサルティング業界の給与は魅力的な水準


コンサルタント業界の給与水準は、一般的に非常に高いと言われています。例えば、インテリジェンス社調べの職種別平均年収によれば、コンサルタントの給料は下記のようになっています。

■コンサルタント
25~29歳:491万円
30~34歳:643万円
35~39歳:723万円

■ITコンサルタント
25~29歳:514万円
30~34歳:648万円
35~39歳:775万円

ただガイドの私から見ると、この数字はだいぶ低いように思えます。この調査の分類では、コンサルタントの中にいろいろなコンサルタント(例:広告プランのコンサルティング営業など)が含まれ平均されてしまうために、低めの数字が出ているのです。

みなさんがコンサルタントといってイメージする外資系のトップファームの場合、

■ITコンサルタント
25~29歳:600~1000万円
30~34歳:800~1400万円

■戦略コンサルタント
25~29歳:800~1200万円
30~34歳:1000~2000万円

ほどの幅になると思います。戦略コンサルタントの、30代前半で2000万円というのは、他業界ではなかなか考えられない高水準です。

ただし、コンサルタント業界の給与体系は「年齢給」ではありません。何歳だからベースがいくらというものが存在せず、コンサルタントとしての職責を示す役職(クラス)に連動しています。

アナリスト、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーといった役職があり、それぞれにベースの給与が決められています。35歳でも役職が低ければそれなりの給与ですし、28歳でもとても優秀で飛び級で出世していれば高給を手に入れることも可能。そのあたりは完全に実力主義になっているというのが、コンサルタント業界の給与の特徴です。

コンサルタント業界は若い人が多い


コンサルティング業界は他業界よりも平均的に年齢が若く、経営幹部でも40、50代となっています

コンサルティング業界は他業界よりも平均的に年齢が若く、経営幹部でも40、50代となっています


コンサルタント業界では、外資系を中心に若い人が多いと言われています。

典型的な外資系の会社の場合、新卒で入社をして6~7年目、30歳前後になるとマネージャーと言われるコンサルティングプロジェクトの実行責任者に出世します。その後、30代後半から40代前半で、パートナーと呼ばれる役員レベルにまで出世することができます。社長の年齢を見ても、外資系のファームでは40代や50代前半といった若い社長が活躍しています。

次のページは、コンサルタント業界の魅力と労働時間について解説します。