きっかけは「金持ち父さん 貧乏父さん」


―株式投資のキャリアは長いと思いますが、失敗されたご経験はありますか
株式投資を始めたのは10年以上前のこと。数字の動きを見ているのが面白く、すっかりはまってしまいました。一時、ノンバンクから、株券を担保に融資を受けていたほどです。しかし、結局それがあだとなり、回復不可能なダメージに。一時、投資を中断せざるを得ませんでした。

再開したきっかけは、4年前に読んだ「金持ち父さん貧乏父さん」。数ある感銘深いメッセージのなかで、とくに印象的だったのは、「株式投資のすすめ」でした。これは私なりの受け止め方らしくて、同書を読んだ友人は「そんなメッセージ、読んだ記憶がないぞ」というんですけどね(笑)。

―では、週末起業をはじめたそもそもの動機はなんだったのでしょう
後に、縁あって週末起業フォーラムに参加するようになり、森先生から「メルマガによるビジネス」について、いろいろと教わりました。そこで、ひらめいたのが「株式投資情報」。日ごろ忙しいサラリーマンのために、自分の知識を提供しては、と思ったんです。

さっそく、まぐまぐのメルマガ天国で、メールマガジン「金持ち投資研究」を発行しました。2002年8月のことです。

―その後、いくつかのメルマガを発行されていますが、途中、タイトルを変更していますね
「信用君で_上がっても_下がっても儲かる株式投資」を「株式投資で3億円」に、「売買銘柄情報」を「急騰銘柄で儲ける」に、それぞれ変更しています。具体的な数字や、購読メリットをわかりやすく表現することで、読者数向上を狙いました。

―本業のかたわらの発行作業は苦労しませんか
株価のダウンロードを自動化するシステムを完成させたので、銘柄選択は苦になりません。ただし、メルマガを書くには、それなりのデータ整理が必要です。その意味ではたしかに大変ですが、もともと株は好きで始めたこと。自分の投資のためにしていることを、人にも教えているだけなんです。

さすがに、仕事で疲労困憊して帰宅したときは、つらいこともありますね。ですから平日は、朝、出勤前に一仕事するようにしています。6時過ぎに起きれば、1時間以上は作業できますから。おもな仕事は週末にするようにしています。

―最後に夢をお聞かせください
推奨銘柄を選択するためのマクロデータの販売や、そのためのセミナー開催を考えています。

また、いずれは自分の株式投資のノウハウを、小冊子、または電子ブックで販売していきたいですね。また、セミナー会社や、先物取引のコンサルタントの連携も考えています。メルマガの目標配信部数は、1万5000部。その夢に向かってひたすら邁進しています。


▼ガイドリンク集より
週末起業

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。