ホームページの変遷から相手企業の情報をつかむ

相手のホームページがあれば、まずホームページから基本的情報を取得します。どれぐらいビジネスを続けているのか設立年月日から把握し、どんな取引先があるのか把握します。

検索エンジンに企業名を入れて検索し、ブログなどで企業について言及されていないか調べられます。ただしブログなどの記載は事実であっても誇張表現をしている事も多いので割り引いて考えなければなりません。

10年前のホームページを探す

Internet Archive
Internet Archive
ホームページを長年にわたって開設している企業なら、どうビジネスが変遷していたのかホームページから探すことができます。

商業登記簿謄本などから現在の事業内容は分かりますが、ひょっとすると事業がうまくいかずコロコロ事業を変えている企業があり、こういう企業は要注意です。ホームページの変遷を見ることで、どう事業内容が変わってきたのか見ることができます。

「Internet Archive」というWebサイトがあります。カリフォルニア州サンフランシスコにある団体がWebサイトのアーカイブを収集、提供しています。収集は1996年から行われていますので、今から12年前のホームページを探すことも可能です。

試しにAll Aboutで検索してみましょう。URLを入れて検索するとたくさんのアーカイブが表示されます。
AllAboutのアーカイブ
AllAboutのアーカイブ


一番古いのが2001年5月1日にアーカイブされたものです。日本語は文字化けしたり、画像のところどころが欠けたりしていますが全体の雰囲気をつかむことができます。
サービス開始直後のAllAbout
サービス開始直後のAllAbout


右上に「2001/03/02 (Fri)」の日付が見えます。All Aboutが事業を開始したのは2000年6月で、2001年2月にWebサイトをオープンしています。ですのでオープンしてしばらくした時のサイトがアーカイブされています。

アーカイブされたサイトを順に見ていくと、どの時点でリニューアルしたのか、どの時点で新しいサービス(ウェブマガジン「All About For L」、「All About For M」開始など)をはじめたのか把握することができます。


参考ガイド記事

→ ホームページでばれる会社のレベル
→ ホームページにはFがよく似合う
→ ホームページをクリックした位置が分かる!
→ ホームページは第一印象が命

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。